AIRLESS
country: Spain
style/genre: Melodic Hard Rock, HR/HM, AOR, etc.
website: http://www.airless.es/
related bands/artists: Robert Rodrigo, Inaki Razkano, etc.
similar bands/artists: Harem Scarem, Mr. Big, Van Halen, White Lion, House of Shakira, Departure, etc.
artist info: スペインを代表するメロディアス・ハードロックグループ。



Airless - Fight
Lion Music
(2008)

2000年にスペインで結成後、メロディアス・ハード系のファンを中心に人気急上昇中のAirlessにとって通産3枚目となるアルバムです。音楽性は前作と同じく良質なハードロック・メタル系のサウンドを展開していますが、個人的には彼らのキャリアの中では一番完成度が高いのではないかと思います。アピール度の高い素晴らしい楽曲が勢揃いしているだけでなく、バンド全体の音楽も大変引き締まっており、爽快なナンバーが多くて魅力満載といっても過言ではないでしょう。自分の中では、ミディアムテンポを主体にしたオーソドックスなハードロックというイメージがありました。ところがこの作品は、細部に至るまでフックが散りばめられているだけでなく、アップテンポに展開するものも目立ちます。スピード感のある楽曲は特にカッコイイと強く感じましたね。とにかく、今回の作品で彼らは勝負に出たのかもしれません。Airlessって、実はこんなに素晴らしいグループなんだなーと教えてもらったような気分です。歌メロからギターソロに至るまで非常にパンチが効いていて、キャッチーな仕上がりで個人的には2008年に聴いたハード・ロック作品の中でも大変感銘を受けました。メロディーがとにかく分かりやすいのが大きな魅力ですが、ギターリストRobert Rodrigoのギターワークと流麗なソロに注目して欲しいですね。メンバー4人が一体となって繰り広げられるテンションが高く躍動感が漲った楽曲一つ一つは、明朗なメロディアス・ハード系を中心に好むリスナーを中心に評価が高いのではないでしょうか。ここまで読んでいて、「あまり触手が動かないタイプの音楽かなあ・・・」という人もいると思いますが、個人的にはニューアルバムの「Fight」に関しては、「さにあらず!」と言いたくなります。アルバムに収録されている楽曲を色々と見ていくと中には、あのWithout Warningの1stアルバムを彷彿させるかのようなところが少なからずあります。瑞々しいメロディーは耳を惹きますし、キャッチー且つ豪快なミュージシャンシップはWithout Warningと同等なものがあるのではないだろうか?・・と思わず語りたくなるような魅力を含んでいるのです。勿論、このグループはProg Metal系という括り方を自分はしていないので、鵜呑みにしないで注意して下さい(とは言うものの、時にはテクニカルな要素を少し押し出しているので、その辺りからProg Metal的な部分を多少体感するリスナーがいらっしゃるかも・・・)。プログレッシヴな側面や難解な演奏パートを前面に押し出している訳ではないので、スタイル的にはWithout Warningに似ているという訳じゃないんで誤解があったらすいません(^^;)。上記で書いたような感じで、Without Warningの分かりやすい部分を抽出したかのようなものを発見したときには嬉しくなりました。欧州のバンドではありますが、非常にアメリカナイズされた正統派且つ明るいタイプのHard Rockサウンドと演奏が満喫できます。Mr.Big, Van Halen, Harem Scarem, Departure, White Lion, Firehouse辺りの音楽を全般に楽しんでいる人にはアピール度が高いのではないでしょうか。僕個人は、この作品で彼らに対する認識を改めるだけでなく、ますます興味が増してきました。http://www.myspace.com/airlessrock (プロモ盤Review)

PILGRIM WORLD推薦盤

Back to [A] Section
Back to Review Index

Go to Top Page