AMBEON
country: Netherlands
style/genre: Symphonic Rock, Neo-Prog, Atmospheric, New Tendencies, etc.
website:
related bands/artists: Ayreon, etc.
similar bands/artists: Ayreon, The Gathering, Within Temptation, After Forever, etc.
artist info: The GatheringやWithin Temptation辺りにも通じるAyreonの別働隊的なプロジェクト。



Ambeon - Fate of A Dreamer
Transmission Records
(2001)

2001年にリリースされた、シンガーAstrid v.d. Veenを中心に据えたAmbeon名義のアルバム。御存知Arjen A. Lucassen主導のプロジェクトAyreonのストーリーが、一旦完結を見たThe Universal Migrator Pt.1&2。それらがリリースされた後だけに、サウンド的にはThe Universal Migrator pt.1にとても近いと思いました。当時14歳だった女性シンガーAstridをメインに据え、これまで培ってきたNeo-Progサウンドとアンビエントの融合を計ったような印象ですね。Ayreonというと、様々なProgシーンやMetalシーンのミュージシャンを数多くゲストに迎えてのシンフォニック・ハードものなのは、皆さんご存知のことでしょう。Ambeonの場合は、ゲスト数はかなり抑えている様子です。殆どの楽器や手配は、Arjen Lucassenがメインで担当。Asridの声を通して自分の音世界を再確認・今後に向けての実験プロジェクトという様相を帯びているという感じ。全編でAstridの唄が好きな人には楽しめると思うけど、これまでAyreonをずっとひたすら追いつづけてきたリスナーにとっては新鮮味は、薄いような気さえする。気になるAstridの声は、The GatheringAnneke van Giersbergenに少し似ているかもしれない。しかし、当時の彼女の年齢と経験値から比較しては、かなり酷だというのは充分承知してあえて見解を述べると・・・Annekeのような妖艶を帯びた歌唱スタイルを身に付けるには、これからさらなる研鑚が必要でありましょう。しかし、今振り返って考えると、このAmbeonを通してAstridは、(オランダや欧州のProgシーンに限定しますけども・・・)スターダムに上がってきたという印象はそんなに濃くない。というか、今Astridはどんな活動しているの?・・・というか、「あの人はどこ行ってしまった?」状態という感じだ。・・・むしろ皮肉というか、なんというか再開したAyreonプロジェクトに参加したのは、Astridでは無い。現在はAyreonのThe Human Equationでその実力を遺憾なく発揮した、メキシコのProgグループ: Elphoniaの女性シンガーMarcela Bovioの可能性にゾッコンのArjenさん・・・。ひょっとしたら、Astridは今のところ音楽活動を展開していないのかもしれない。(プロモ盤Review)

Back to [A] Section
Back to Review Index

Go to Top Page