ANIMATIONS
country: Poland
style/genre: Prog Metal, Technical Instrumental, etc.
website: http://www.animations.com.pl/
related bands/artists: Labyrinth (PL), etc.
similar bands/artists: Liquid Tension Experiment, Dream Theater, Anomaly, Parallaxe, etc.
artist info: 全編インストサウンドを貫いているテクニカル系Prog Metalグループ



Animations - s/t
Independent Release
(2007)

ここ最近は特にポーランドから素晴らしいグループが、少しずつワールドワイドに認められている傾向にありますね。自主制作とはいえ、このAnimationsも今後が楽しみなポーランド出身の新人Prog Metalグループと言えるでしょう。ポーランド本国では、Labyrinthという名前で以前は活動をしていたようです。名前の権利の関係からかAnimationsというバンド名に変更をしています。作品の内容は、自分が思うに大変目を見張るものがあります。演奏やサウンドのスタイル的には、Liquid Tension ExperimentDream Theater, Planet X辺りから大きくインスパイアされていると言えます。序盤のイントロやところどころで挿入されるスペーシーでアトモスフェリックなサウンドは、同郷のプログレ系バンドの影響を感じさせます。ですが大半は、元気一杯のインスト陣が活躍するテクニカル系Prog Metalサウンドが楽しめます。サウンド・プロダクションに関しては、若干ツメが甘いと言わざるを得ないところがあります(特に1曲目の終盤から2曲目の連結部が気になってしまう)。しかしながら、演奏面に関しては非常に高度なところも見せているばかりか、緩急をしっかりと見据えた出来上がりで僕自身は満足です。テクニカルなギターパートを中心にした部分だけでなく、キーボードやシンセリードが縦横無尽に動き回る場面もたくさん用意されております。特にシンセやキーボードを担当するTomek Konopkaは、打ち込みなどのモダンなテクノロジーにも明るい様子であります。ギアに関する知識やエレクトロニカ方面にも強そうな雰囲気で、演奏能力の高さとあいまって楽しみな存在と言いたいです。ポーランド本国のProg Metalをサポートする連中には、すでにAnimations自体の存在は知られていたようで、そういった音楽が好きなリスナーの応援を受けて自主制作の作品が海外にも流通しているのがありがたいなーと思いました。1stフルレングスにして高い演奏力や組曲志向など、果敢に挑戦をしている努力が結実した内容に仕上がっていますね。今後の課題としては、彼らの作品をサポートする高いエンジニアリング能力を持つ人材と素晴らしいプロダクションチームに期待したいです。個人的には、全体の内容や演奏力に感銘を受けました。全体的にインストとは言え、起承転結が分かりやすくなっており、だれる部分は殆ど無かったです。ただしインタールードやアトモスフェリックなパートが、リスナーによっては冗長に感じられるところも無きにしもあらずかも・・・。まだ、どこのレーベルと契約をしていないのが勿体無いと思うほどでした。勢いのあるテクニカルでコンプレックスなパートだけでなく、穏やかで静かなパート、そして情感を揺さぶるセクションなどを作ることにも気を配っているところが心憎い。(購入盤Review)

PILGRIM WORLD推薦盤

Back to [A] Section
Back to Review Index

Go to Top Page