AUDITORY IMAGERY
country: U.S.A.
style/genre: Prog Metal
website: 公式ホームページは現在存在していないようです。
related bands/artists:
similar bands/artists: Fates Warning, Reading Zero, Strange Land, Gracepoint, etc.
artist info: アメリカはマサチューセッツ州出身のProg Metalグループ。現在はバンド活動を停止しているとのことです。



Auditory Imagery - So Alive
Independent Release/Zero Corp.
(1994)

90年代初期の段階から活発に活動をしていたAuditory Imageryにとって通産2枚目となるアルバム。このアルバムは、今は無きゼロ・コーポレーションから発売していたこともあったので、日本のメタルファンにも聞き馴染みのあるバンドかもしれません。前作ではロングフォームの曲を始め、ハード目のかなり凝った演奏形態も得意としたFates Warningタイプのバンドというイメージを持っておりました。この作品では、1stアルバムで培った彼らのスタイルを土台により、ソリッドで堅牢な演奏形態をキープしているのは流石です。その一方、もっと分かりやすいメロディーや楽曲構成に気を配っている様子が窺えます。アメリカの東海岸出身のバンドは、西海岸のバンドともまた異なり、独自のスタイルやサウンドを追及しているグループが多く存在しております。このAuditory Imageryも、スタイル的には確かにギターオリエンテッドなProg Metalが主体ですが、彼らの場合も独自の路線を狙っていたことがSo Aliveから知りうることができると思います。初期から中期のFates Warningに通じるような、ツインギターを中心に据えた楽曲スタイルが主体であります。キーボードをうっすらとバッキングに施したりと効果的なアトモスフィアーを醸しだすなど、それぞれの楽曲が聞きやすいように工夫をしています。このアルバムを最後に彼らの消息が、あまり掴めておりませんが東海岸のProg Metal事情に詳しい人のお話によると、どうやら彼らは活動を既に停止しているとのことであります。Auditory Imageryのようなギターを主体にした、80年代後期から90年代初頭の米産Prog Metal〜Powerful Metalなサウンドが好きなリスナーにお薦めします。現在、彼らの日本盤は入手困難な部類になりつつあるので、こまめに専門店や中古屋さん辺りをチェックしてみるとヒッソリと埋もれているやもしれません。(購入盤Review)

Back to [A] Section
Back to Review Index

Go to Top Page