THE DUST CONNECTION
country: Netherland
style/genre: Prog Rock, Prog Metal, etc.
website: http://www.thedustconnection.com/
related bands/artists: Forever Times
similar bands/artists: Antares, Enchant, Triangle, Dream Theater, etc.
artist info: Forever Timesの意思を受け継ぐ、メロディアスなソフト路線を追及しつつ、時には攻めのアプローチを見せるバンド。



The Dust Connection - s/t
Dream Music
(2004)

The Dust Connectionは、まだ世界のシーンでは殆ど知られていないソフト路線のプログレメタルバンドですが、個人的には興味を持っているバンドなので紹介したいと思います。元々The Dust Connectionは、女性ボーカリストLauraを含むForever Timesが母体となっており、少なからず初期のSun Cagedとも何らかの繋がりを持っておりました。しかしLauraがポップスのフィールドで活動の場を移すことにより、バンドの活動は一旦停止してしまいます。Forever Timesの運命もここまでか?と思われました。だが、幸運なことに残ったバンドメンバー達は継続して活動する意思を強く持っており、2003年ごろにはThe Dust Connectionと名を改め、よりソリッドなProg Rock/Metal的なサウンドを追及していき、4曲入りのデモ作品を完成させました。ボーナス映像としてビデオクリップや、レコーディング風景などが収録されたDVDも入っています。

まだ正式なアルバムをリリースしておりませんが、既にProgPower Europeにも登場しております。Prog Metalファンを始め、ネオ・プログレ系統のファンにもアプローチする音楽性だと思います。The Dust Connectionのデモ作品を聴く限りでは、良いものを持っていると思いました。最初の2曲は割とハード目のバッキングに柔和なNeo-Prog寄りなキーボードやHR的ギターサウンドが乗っかる構成になっており、起伏もあって楽しむことができました。後半の2曲は、ProgMetal指向を前面に出した攻勢をかける展開も見られます。ギターとキーボードが絡み合うユニゾンやハーモニーなども特徴として出していて興味深い音楽性を垣間見ることができました。リードボーカリストは、自分の歌いやすい領域を無理なく歌っています。今後の活動で飛躍的な成長を遂げて欲しいと期待しております。2005年度のHeadway Festivalの最終日に、The Dust Connectionの中心人物であるMartijn Balsters君とも、色々話をさせてもらう機会にも恵まれました。驚くことに第1回のProgPower Europeを背後から支えていた責任者の一人だそうで、若いのに凄くしっかりとした考えの持ち主だなーと強い関心を持ちました。爽やかな性格の持ち主でありましたし、将来的なことも思慮深く考えている印象が残りました。

さて、The Dust Connectionがどんな音楽をプレーしているのか、具体的に興味がある方に朗報です。最近アップデートされたサイトでビデオクリップのThe Grand Finalの触りをダウンロードできます。
http://www.thedustconnection.com/press_videos.php
また他にもダウンロードできる楽曲がありますので、そちらの方もチェックしてみてください。
これからも彼らの動きに注目したいと思います(^^) (プロモ盤Review)

Back to [D] Section
Back to Review Index

Go to Top Page