DARKWATER
country: Sweden
style/genre: Prog Metal, Scandinavian Metal, etc.
website: http://www.darkwater.se/
related bands/artists: Harmony, 7Days, etc.
similar bands/artists: Circus Maximus, Evergrey, Vanden Plas, Symphony X, Dream Theater, Seventh Wonder, etc.
artist info: 2003年にバンドを結成以来、メロディアス系Prog Metalグループとして人気上昇中。



Darkwater - Calling The Earth To Witness
Ulterium Records/Nightmare Records
(2007)

スウェーデン西部を拠点に活動をしているProg Metalグループによる1stアルバムです。バンドは5人編成となっておりますが、そのうちの4人はHarmonyと名乗るMelodic Metalグループで以前は活動をしていたとのことです。さて、気になる音楽性ですが非常に魅力的なメロディアス路線のProg Metalサウンドを展開しています。ところどころでテクニカルなパッセージや演奏を繰り出しますが、全体的にはメロディアスな旋律と歌い上げるボーカルメロディーが中心となった楽曲指向となっています。スタッカートを強調したお馴染みのザクザクとしたギターリフだけでなく、ギターリストによる流麗なソロワークも随所で登場しておりますね。キーボーディストもバッキングのみでなく、シンセリードを操る場面があるので鍵盤奏者が活躍するタイプの音楽が好きな人にも楽しめるでしょう。

スタイル的には、当然Dream TheaterSymphony Xが好きなリスナー層にアピールする筈です。個人的に頼もしいと思ったのは、Prog Metalグループが共通で持っている冷ややか且つダーク寄りな空気感というか性質を感じさせることです。それからDarkwaterの強みとなっているところは、叙情的なパートでありましょう。ドイツのVanden Plasを始め、同郷のEvergreyなどに共通するエモーショナルな部分も持っています。またCircus MaximusSeventh Wonder辺りにも通じる重厚な演奏力も魅力の一つと言えます。とにかくメロディーの質が素晴らしいと思うので、メロディアス派のリスナーにもかなり気に入ってもらえる可能性が高いと思います。現在レヴューを書いている時点で、前身バンドであるHarmonyや彼らと関連のある7Daysを聞いたことが無いので確証できませんが、このメロディアスな音楽作りの土台は、それらのバンドで培ったのかもしれません。

デビューアルバムにも関わらず、どの楽曲もエピック指向の8分強から12分ほどのロングフォームものが多いのと、ミディアムテンポのものが続くので、気長に繰り返し聴かないとサラっと聞き流してしまいそうです。自分の場合は、アルバムの後半になればなるほど素晴らしいと感じました。自分が思うに前半は主にメロディアスで楽曲指向だと思いました。中盤から後半の楽曲ではProg Metalバンドが強みとしているテクニカルなパッセージの繰り出しを始め、変拍子やグループによる緻密なアンサンブルを含めた工夫が施されており、聴き応え満点でした。哀愁度のある切ないセクションは、EvergreyPain of Salvationなどからの影響が強いのでしょう。

プロダクション全体も大変よく練られており、時間をかけて納得がいくまで作り込んだ様子が伺えます。メロディアスな正統派タイプのProg Metalサウンドが好きなら、Darkwaterの音楽には直ぐに嵌れるのではないでしょうか。ただし技巧的な部分を前面に打ち出して強調しているタイプではないので、めまぐるしい展開を期待しすぎずに楽しんでいただきたいバンドです。その一方、メロディアスな部分も大切にしているグループなので、スウェーデンのメロディアスHR/HM系の音楽が好きな人にもアピールは大でしょう。先日アメリカはサンフランシスコで行われたBay Area Rock Festival IIの土曜日に登場し、会場に集まったProg Metalファンなどを中心に盛り上がったという話が早くも伝わってきております。次第に彼らの名前がどんどんとワールドワイドに浸透していくことを期待しています。MySpaceなどで彼らの音楽をチェックしてみては如何でしょう。http://www.myspace.com/darkwaterofficial (購入盤Review)

PILGRIM WORLD推薦盤


Back to [D] Section
Back to Review Index

Go to Top Page