DGM
country: Italy
style/genre: Prog Metal, Italian Metal, Melodic Metal, etc.
website: http://www.dgmsite.com/
related bands/artists: Abstracta, Concept, River of Change, Necrophagia, Astra, Daemonia, Claudio Simonetti, Glory Hunter, etc.
similar bands/artists: Symphony X, Madsword, Yngwie Malmsteen, Balance of Power, Dream Theater, etc.
artist info: 1994年にバンドを結成後、次第に頭角を現してきたイタリアのグループ。ProgPowerタイプの音楽を標榜している。



DGM - Dreamland
Avalon/Elevate Records
(2001)

イタリアのMelodic Metal/Prog Metalシーンを牽引するバンドの一つ、DGMにとって3枚目となるフルレングス・アルバム。前作のWings of Time辺りから、このバンドのことを知ることになりました。さて、この作品Dreamlandですが、非常に素晴らしい出来上がりとなっております。ラインナップのチェンジの影響もあり、楽曲構成や演奏面など格段の進歩を見ることができます。冒頭からエンディングまで、あらゆるHard Rock/Metalファン層を始めProg Metalリスナー全般にアピールする魅力に溢れています。ある意味、このアルバムで心機一転、勝負に出てきたという印象があります。スタイル的には、ギターリストのDiego Realiのプレーを筆頭にSymphony XYngwie Malmsteenに通じるエッセンスを感じさせるところが、ネオクラシカル系メタルのファンをおおいに満足させるでしょう。前作以上にドラマティックに構築された楽曲が、どれも光っていますね。またMaurizio Pariottiによるキーボードソロが活躍する場面を大々的にフューチャーした後半の楽曲は、とてもスリリングであります。Ego's BattleLieなどに代表される楽曲では、イタリア直系のシンフォニック系ロックのアプローチや、プログレ指向の度合いも高まりProg Metalタイプのリスナーの心を躍らせる場面が随所に登場します。結成当初は、インストバンドとして活動をしていたようですが、このバンドは演奏面でも卓越したものを持っています。特にDreamlandにおいて顕著なのは、歌メロを大事にした楽曲指向の内容がとにかく充実していて、とても素晴らしいです。バンドに一体感があり、とてもいい流れを作っているのを、心の底から高く評価したいです。これまでにAbstractaを始め、様々なグループで活動をしていたボーカリストのTitta Taniによる貢献度も高く、整合感のある仕上がりを手助けしているようにも感じました。隠し味としてプログレッシヴ的な雰囲気作りが、ところどころで登場するのは、エンジニアリングなどの作業にも一役買っているイタリアンProgシーンの大家Claudio Simonetti氏の影響があるのかもしれません。全編に渡って、とにかくメロディーが大変素晴らしいですし、演奏面もソリッド且つタイトな形態をキープしています。Dreamlandを機に、DGMはシーンに大きく踊り出た印象を強く残したと思います。メロディアス指向のHard Rock/Metalファンや、楽曲路線を大事にするProg Metalファンには注目して欲しいイタリアのグループです。(購入盤Review)

PILGRIM WORLD推薦盤

discography:


Back to [D] Section
Back to Review Index

Go to Top Page