ETERNITY X
country: United States
style/genre: Symphonic Metal, Prog Metal, etc.
website: http://www.eternity-x.com/
related bands/artists: Exhibition, etc.
similar bands/artists: Savatage, Shadow Gallery, Headline, etc.
artist info: 90年代から活動をしていたSymphonic Prog Metal系バンド。一度解散したが、現在は復活しつつあるそうだ。



Eternity X - The Edge
Angular Records
(1997)

アメリカは東海岸で活動をしていたEternity Xだが、現時点において彼ら最後の作品となったアルバム。この作品を知ったきっかけは、Shadow Galleryのメーリングリスト上のことでありました。なるほど、この作品全体を通して聴いてみましたが、シンフォニックな要素やドラマティックな展開に関してはShadow Galleryに通じるものがある。しかし、個人的に面白いと思ったのは、彼らの場合はシアトリカルでミュージカルな要素も感じ取れることで、その辺りはまさにSavatageを彷彿させるのであります。初期から独自のパワーメタル・メロディックメタルを演奏していた彼らが、The Edgeアルバムに至りコンセプトを通してシンフォニックなProg Metalを作り上げるところに至ったといっても良いでしょう。

物語やリリカルな部分を大事にしていますが、とっつきにくいという印象はありませんでした。しかしながら、日本のメタル系リスナーに親しみやすいボーカル・メロディーやフレーズラインかどうかは、聴き手それぞれにゆだねられることでしょう。前述したようにShadow GalleryやSavatageの両バンドに通じるものがあるとはいえ、彼らは決してフォロワーでもありませんし、模倣をした音楽性とは思えません。たまたまサウンド的にも彼らに近いということで、Eternity Xの中心人物であるKeith Sudanoが言うには、「Shadow Gallery等を手本にして音楽をやっている訳ではないし、自分達のルーツとは違うところにある」というコメントからも明らかだと思います。

メンバーそれぞれは、充分一人一人が実力を持ったミュージシャンという様子が伝わってきます。ギターリードは時々、速弾きにも対応したところもありますね。リズムセクションもしっかりとしておりまして、時にはコンプレックスなセクションも要所で登場します。全体にリズムパターンは、懲りまくった展開にならないように・・・というか極力避けているかなーという印象も一方でありますね。個人的にはKeyboardistの流麗なピアノを主体にしたプレーからは、アカデミックな素養がひしひしと伝わりますし、要所においてはギターソロ同様、シンセリードで活躍するパートもあります。やはり、物語や歌詞の世界観も重視しているせいか、中盤あたりでリスナーによっては置いてけぼりになりそうな印象もあります。しかし、比較的小さなレコード会社からのリリースとは言え、内容的にも音楽的にもバランスは取れていますので、個人的には及第点を充分クリアしていると思います。

アメリカのグループではありますが、欧州辺りのシンフォニックメタルやメロディアス系のProg Metalバンドが好きであれば、何かを感じ取っていただける・・いやかなり嵌まることのできる魅力も包括している作品と断言したいです。個人的には、この作品を通して成長を遂げた幻の作品である(お蔵入りになった新作の)From The Ashesがいつか陽の目を見る兆しがありそうなので、新しくなって復活しそうなEternity Xに注目したいと思います。(購入盤Review)

Back to [E] Section
Back to Review Index

Go to Top Page