IN THE NAME
country: Canada
style/genre: Hard Rock/Metal, Prog Metal, etc.
website:
related bands/artists: Kingsbane, etc.
similar bands/artists: Psychotic Waltz, King's X, N8, Soundgarden, etc.
artist info: 以前はKingsbaneと名乗って活動をしていたカナダのProg Metalグループ。



In The Name - s/t
Independent Release
(1995)

かつてはKingsbaneとして活動をしていたカナダのグループによる1stフルレングスにして、現時点で最後のアルバムとなった作品です。この作品は、よく中古屋さんで見かけることがあるのではないかと思います。日本のHard Rock/Heavy Metalのリスナーには、割合とっつきにくい部類というかマーケティングがしにくい作品であったにも関わらず中古屋さんでみかけるケースが多いということは、輸入盤を中心に多く流通していた時期があったのでありましょう。さて、この作品の気になる内容ですが、中々に骨太でカッチリとしたProg Metalサウンドだと思いました。しかし、やはり出自がカナダということで独自の個性を持っており、どちらかというと後期のPsychotic WaltzKing's Xに通じる充実度を持っていると思いました。どうやらKingsbane時代に詳しいリスナーによると、In The Nameが楽しめたら前身バンドの時の方が内容は充実しているということなので、いつかはデモ作品を聴いてみたいものだなーと思います。ま、それはそれで置いて、In The Nameのセルフタイトルの1stアルバムは別の意味で大変内容がしっかりしていると思いました。なるほど欧州方面、特にドイツを中心に流通されていたというのが分かるほど、どれも楽曲の仕上がりはしっかりしていますし、ボーカリストの活躍が素晴らしいと僕は思いました。どちらかというとSoundgardenKing's X的な雰囲気が強く出ている骨太ハード・ロックから90年代のソリッドなロックを意識しているところもありますが、決してフォロワーという領域に留まることなく自分たちのアイデンティティーはしっかり持っています。一番近いタイプとなると、やはりPsychotic WaltzやDead Soul Tribe、そしてイタリアのN8みたいな方向性といったところでしょう。ソリッドでかっちりしたProg Metal的な側面の強いハードロックが全編に渡って演奏されている印象です。中々こういうタイプの音楽は、当時の国内のHard Rock/Metalリスナーには大きくアピールしなかったかもしれませんが、作品の内容自体は決して悪くないどころか頼もしいです。プロダクションもかなりしっかりしていただけに、これ以降の作品の話を聞く事が無いのが残念と言うほかないですね。(購入盤Review)

Back to [I] Section
Back to Review Index

Go to Top Page