NORDREAM
country: Russia
style/genre: Prog Metal
website: http://listen.to/nordream
similar bands/artists: Mayadome, Dream Theater, Eyekon, Comma, etc..
artist info: ロシアは、Moscowを拠点に活躍するValiantレーベルに所属するProg Metalバンド。



Nordream - Memories Progression
Valiant
(2000)

ロシア出身のProg Metalバンドと聞いて、皆さんはどのような反応を示されるだろうか?。もともと旧ソビエト連邦時代から、様々なコンポーザーやミュージシャンを輩出してきた大国ロシア。実は、ロシアと言う国は、意外なことにかなりHard Rock/Metal系のバンドが存在しているらしい。よく知られているのは、Gorky Parkという実力を持ったソビエト時代に登場したHard Rock系のバンドが、モスクワ・ピース・ミュージックフェスティバルに参加したことは、いまだにHR/HMファンの皆さんの間では語り草になっているのではないだろうか。・・・それでは、ロシア出身のProg Metalバンドというのは、存在するのだろうか?。そんな疑問に答えを見出すことができました。

あまり西欧諸国や日本では風聞が伝わってこないものの、少なからず・・いや結構な数のProg Metal/Prog Rockバンドが存在しているらしい。その中でも、このNordreamは私が聞いた限りでは、一番親しみやすいProg Metalサウンドをきかせてくれるバンドという位置付けであります。ロシアや旧ソ連からのバンドというのは、、独自の文化と環境を背景に育まれた音楽をプレーしている人達というイメージがあるが、Nordreamは割と西欧やアメリカのProg Metalバンドに比較的近い音像を持っているなーと感じました。

音楽性は、非常にMayadomeが1stのParanormal Activityで表現していたことや、北欧出身のProg MetalバンドEyekonに近いので、私的には非常に親しみが持てるサウンドとプレースタイルです。アルバムの中にKevin Mooreの言葉を引用しているように、確実にDream Theaterの影響下にある音楽だと思います。演奏形態は、非常にコンプレックスであり変拍子を繰り出すことを得意としております。畳み掛けるアンサンブルが、Prog Metalリスナーを楽しませてくれます。ただし、Dream TheaterやMayadome達とは異なっており、思っていた以上に個人技を披露したりすることは極力避けておりますね。

また、テクニカルなプレーや目まぐるしいフレーズを強調するタイプとも異なる、楽曲指向の部分も持っています。しかし、ときおり見せるリードギターリストのプレーは印象的で、なかなかのテクニシャンであることを窺わせます。キーボーディストは、女性の方ですが、どちらかというとシークエンシャルなフレーズや、アルペジオ、印象的なメロディを弾くことに専念しておりますので、Vitalij Cuprijみたいなピアノソロは全然出てきません。リズム隊は、楽曲が要求するプレーに集中する一方で、変拍子を絡めながらアンサンブルを引き立てています。比較的プロダクションは、良好ですが、プロダクションに細かくこだわる人は、物足りなさを感じてしまうかもしれません。確かに、もう少し音に磨きと厚みが増し加えられていたとしたなら、よりいっそう楽しめたと思います。しかし、私の中では、この作品において彼らが表現したいことは、充分このプロダクション内において発揮できていると感じました。

このNordreamが所属するValiantレーベルというところは、他にも有望なバンドを抱えているようで今後が楽しみなところである。参考にロシアや旧ソ連方面で活躍している、Prog Metal/Rockバンドで伸びてきそうなバンドは、Specter, Lux Eterna, End Zone, Romislokusなどといったところでありましょうか。最近では、ゴシック・アトモスフェリック系メタルを標榜するバンドも、ゾクゾクと登場しているようです。なにはともあれ、Prog Metal系統の音楽や東欧方面のHR/HMタイプに両方興味を持っている人には、Nordreamは楽しめる音楽性を充分に持っていると思います。私、個人はとても気に入りました。(購入盤Review)

Back to [N] Section
Back to Review Index

Go to Top Page