OVERDRIVE
country: Sweden
style/genre: Hard Rock, Heavy Metal, etc.
website: http://www.overdrive.se/
related bands/artists: Janne Stark, etc.
similar bands/artists: Iron Maiden, Saxon, Jag Panzer, Dio, Locomotive Breath, etc.
artist info: 北欧のベテランHeavy Metalグループ。



Overdrive - Let The Metal Do The Talking
Lion Music
(2008)

スウェーデンを拠点に活動している正統派Heavy Metalグループによる久しぶりの作品です。おそらくデモ作品を除くと通産3枚目のアルバムになると聞きました。バンドの活動自体は、どうやら24年ぶりぐらいになる・・というのを耳にして大変驚きました。殆どのオリジナルメンバーが集結しておりますが、Per Karlssonなる人物が新しいシンガーとして加入しています。ひょっとしたら80年代の初頭ぐらいから欧州のハードロックやメタルシーンを熱心に追いかけているリスナーの皆さんにとっては、非常に懐かしくも頼もしいサウンドだと思います。アップテンポな楽曲から、ドッシリとしたミディアムテンポのナンバーまで正統派メタルサウンドを渇望している人には、「こういうメタルを久しく待っていた」という感慨をお持ちになるのではないでしょうか。確かに疾走感が漲るナンバーは、SaxonIron Maidenなどのような80年代のトラディッショナルなパワーメタルが好きな人の心を鷲掴みにする魅力を持っています。硬質且つソリッドなギターサウンドが目立つ場面も用意されているので、こういうタイプが好きなリスナーにとっては楽しめるポイントが盛りだくさんだと思います。1980年代の鋼鉄魂を受け継ぎながらも、暖かみもある仕上がりになっていると感じました。親しみやすいメロディーのセンスは、流石スウェーデン出身のグループだなーと感心します。サウンド・プロダクションは、現在のスタンダードでも充分通じるものになっており、とても良好だと感じることができました。プロデュース自体は、Johan Blomstromとの共同になっておりますね。気になるバンドの演奏自体も迫力があり、確かな整合感があります。最近は、Locomotive Breathの活動などで知られているJanne Starkが、オリジナルメンバーの一人としてクレジットされています。ガツンとした正統的な北欧ヘヴィーメタルのサウンドが好きな人にはきっと楽しめると思います。12曲目の“Reincarnation”には、イタリア出身の実力派ハードロックシンガーのChris Catenaが、ゲスト参加しています。アルバムのアートワークからも、メタルらしい雰囲気が出ております。この手のファン層にとっては、中々の良作に仕上がっているのではないでしょうか。(プロモ盤Review)

Back to [O] Section
Back to Review Index

Go to Top Page