POLAK, MILAN
country: Austria
style/genre: Guitar Instrumental, Hard Rock, Hard Fusion, etc.
website: http://www.milanpolak.com/
related bands/artists: Falco, Alessandro Benvenuti, etc.
similar bands/artists: Joe Satriani, Steve Vai, Wolfgang Zenk, John Petrucci, Bad Company, Mr.Big, etc.
artist info: オーストリア出身の技巧派ギターリスト。テクニカルな路線からストレートなHard Rockまで得意としている。



Milan Polak - Guitar Odyssey
Lion Music
(1995/2005)

Lion Musicからアルバムをリリース後、Guitar9.comなどを中心に海外のインストファンを中心に名前が浸透しつつあるMilan Polakの記念すべき1stアルバムがLion Musicより再発売されています。このGuitar Odysseyというアルバムは、同じ年にリリースされた新作と比べるとギターインストに重きを置いたフルスロットル全快のものになっており痛快であります。当然、Dreamscapesでも彼の類まれなるギター奏法は楽しめる訳でありますが、このアルバムはエナジェティックで新鮮なパワーを感じることができるギターアルバムとなっております。前半からJoe SatrianiSteve Vai辺りからインスパイアを受けたであろうアップテンポで速弾きにも対応したアップテンポなものが特徴です。ひょっとしたら、この当時はShrapnel系の音楽も意識していたのか、自分の持っているテクニックや分かりやすい部分をフューチャーしているように思います。既にこの頃から、後年の作品に通じるバラエティに富んだ引き出しも顔を出しつつあり只者ではないことを予感させるものがあります。ギターインスト作品が本来持っている痛快さと元気さが全快です。欧州出身の方ですが、アメリカで主に活動しているせいか、叙情的というよりはもっとカラっと元気でドライという感じです。Mr.Big時代のPaul Gilbertにも通じるところがありだけでなく、時にはBlue MurderJohn Sykesを彷彿させるアップテンポなギターサウンドなどが顔を出したりしており、個人的には注目しているギターリストの一人です。(プロモ盤Review)


Milan Polak - Dreamscapes
Lion Music
(2005)

あまり日本国内では名前は浸透していないと思いますが、このMilan Polakなる人物は現在アメリカを主戦場にスタジオワークやセッションなどを中心に活躍しているオーストリア出身のギターリストです。Lion Musicからリリースされたソロアルバムは、オールインストとなっていますが内容はかなりバラエティに富んでおります。1曲目のPanic Roomは、John Petrucci7for4のアルバムに収められていてもおかしくない豪快なハードフュージョン風のナンバーが登場し、非常に嬉しいですね。シュラプネル系とLion Music系の中間地点にあるような技巧的な演奏が楽しめますが、その一方少しAerosmithPermanent Vacationに収められている楽曲を彷彿させるような少しユニークな表情も持っており、なかなかに個性的なインスト楽曲と言えるのではないでしょうか。しかし前半から後半にかけては、割とストレートなギターインストで疾走したり、バラード風な楽曲、それからブラス系の音を主体にしたファンキーな感じのものがあったりと、彼自身は非常に幅の広いことを指向しているようです。ただ個人的には、もっとグイグイとテクニカル指向のインストで畳み掛けるのを期待しすぎていたあまりか、技巧派の人にしては少しストレートすぎるかなーと思いました。やはりアメリカの音楽シーンが体に染み込んでいるのか技巧的インストファン向けというよりは、インストだけどより多くの人に聞いても楽しんでもらえるような楽曲に仕上げたかったように思います。しかし、嬉しいのはオープニングの1曲目に近い路線で、後半の2曲ほど、ややProg Metal風なサウンドが登場していたのが収穫でした。充分ギターリストとしての実力を発揮しており注目のミュージシャンと言えるのではないでしょうか。(プロモ盤Review)

Back to [P] Section
Back to Review Index

Go to Top Page