PROPHEXY
country: Italy
style/genre: Italian Prog, Prog Rock, Jazz Rock/Fusion, etc.
website: http://www.prophexy.com/
related bands/artists: Prophecy
similar bands/artists: Streokimono, Deus Ex Machina, Distillerie di Malto, Gecko's Tear, etc.
artist info: レトロな音使いを特徴としているイタリア出身のProg Rock系グループ。



Prophexy - Alconauta
Independent Release
(2008)

ボローニャを拠点に活動をしているProg Rockグループが2008年にリリースしたアルバムです。このアルバムの前にもデモ盤やフルレングスのアルバムも含めて何枚かリリースされていますが、おそらくこれが正式の1stアルバムという位置づけなのだろうと思います。このProphexyは、リードボーカルを含む5人編成となっています。基本的に忙しい演奏展開や変拍子を得意としていることがダイレクトに伝わってきます。若いグループにしては珍しく、アナログ風のシンセやキーボードなどの音を多く使っているのが意外だと思いました。PFMBancoみたいな70年代のイタリアのProg Rockグループやユーロ・ロック的なスタイルの影響下にあるサウンドです。しかし、演奏のアプローチはもっと攻撃的な手法をとっています。エレクトリックギターの音は、現代のようなタイプのハードロックからメタリックな音作りではありません。昔ながらの音作りにしていて、レトロなヘヴィロックという感じです。元々はインストを中心にしていたのか、プログレとジャズロックを掛け合わせたようなスリリングに疾走しつつ、変化球を加えるアプローチが目立ちます。歌詞は全編イタリア語で歌われていますが、こういったイタリア語圏のプログレ系サウンドが好きな人には面白いバンドかもしれません。ボーカルのスタイルは、Deus Ex Machinaに近いかなあと自分は思いました。演奏だけでなく、歌ものにも力を入れています。時折、フルートも登場しますし、サウンドエフェクトも使用されているせいか、なんとも不思議な雰囲気や世界観が出ています。また演奏するセクションによっては、緻密でテクニカルな部分を押し出すところは、ギターオリエンテッドなProg Metal系を好むリスナーの耳にもアピールするところがあるかもしれません。派手なソロやテクニカルなリードプレーで目立つ部分は、思ったほど多くはありませんでした。バンド全体の演奏やアンサンブルでの攻防がずっと続く傾向があるので、その辺りで好みが分かれるでしょう。イタリアのProg Rockサウンドというと、もっと穏やかで美しいタイプを期待している人にとっては、ちょっと騒がしいタイプという風に取られるかもしれません。プロダクションも故意にやっているのかどうか定かではありませんが、もう少しクリアな音作りとバランス感覚を養う必要はありそうです。往年のグループやクオリティの高い先達のグループと比べてしまうと、まだ荒削りの部分も残っています。勢いのある疾走感と不思議なサウンドは彼らの強みとも言えるので、この辺りを中心に個性を伸ばしていって欲しいと思います。http://www.myspace.com/prophexy (プロモ盤Review)

Back to [P] Section
Back to Review Index

Go to Top Page