RIGONI, ALBERTO
country: Italy
style/genre: Prog Metal, Technical Instrumental, Hard Fusion, New Tendencies, etc.
website: http://www.albertorigoni.net/
related bands/artists: TwinSpirits, etc.
similar bands/artists: TwinSpirits, Marco Sfogli, Daniel Palmqvist, Mullmuzzler, etc.
artist info: 幅広い音楽を指向しているイタリア出身のProg Metal系ベース・プレーヤー。



Alberto Rigoni - Something Different
Lion Music
(2008)

インスト系のミュージシャンも最近は色々いるんだなーというのが分かるような1枚です。このAlberto Rigoniは、2007年にLion Musicからデビューしたメロディアス系Prog Metalバンド: TwinSpiritsに所属している技巧派Bassプレーヤーです。ギターリストなどのソロアルバムは巷にたくさん溢れていますが、ロック系のベーシストのソロアルバムというのは珍しい部類に入るかもしれません。アルバムタイトルにもあるように、確かに普通のベーシストのソロ作品と違って単なるベース演奏のデモンストレーション的なものにはなっていないのは流石であります。

Lion Musicに所属しているソロイストの作品というのは、割と楽曲指向も大事にしたプレーヤーが多いのが特徴ですが、Alberto Rigoniもそういった部類の一人と言えます。活動している本体のTwinSpiritsよりも新鮮で、幅広いと感じさせる一面もありました。色んな音楽リスナーが聴いても分かりやすく、楽しめる楽曲作りに挑戦しているかのようにも見受けることができました。言い換えると、本体のProg Metal系バンドのイメージから逸脱したようなダンサンブルなものやエレクトロ系の要素を含むものもあります。前半や中盤などに登場するProg Metal風味とハードフュージョン風味をあわせたタイプの楽曲が特に興味深く非常に耳を惹きました。曲によっては、本体のTwinSpiritsの方が地味で控えめに成り過ぎているのではないか?と思わせるほど。Alberto Rigoni自身、コンポーザーとしても、またプレーヤーとしても力量の高さを見せつつあるので驚きました。

インストものが殆どで歌モノはありません。5曲目のBassSexという曲だけ女性ボーカルが入ったものなどは、大変風変わりだなーという一面もあります。ベースを主体にしていますが、基本的には楽曲的な纏まりのあるアプローチを取っています。後半では割と普通なナンバーが目立つせいか悪いわけではないのですが、「こじんまり」となったような印象で少し残念。前半から中間までで登場するインスト曲は中々に面白いので、後半もう少し盛り上がるような工夫が欲しかったかもしれません。Prog Metal的な要素やフレーバーが濃厚なナンバーは、非常によい仕上がりと演奏になっており堪能できましたよ。曲のパーツや演奏的な部分を取り出して見るとMarco SfogliMullmuzzlerDali's Dilemma辺りが好きな人にもアピールするかもしれません。細部まで聴いて見ると、技巧派のミュージシャンやゲストの人たちが活躍しているので大変面白い。(プロモ盤Review)

PILGRIM WORLD推薦盤

Back to [R] Section
Back to Review Index

Go to Top Page