SHERINIAN, DEREK
country: USA
style/genre: Instrumental, Technical Rock, Fusion, Hard Rock, Prog, etc.
website: http://www.dereksherinian.com/
related bands/artists: Alice Cooper, Kiss, Dream Theater, Planet X, Platypus, etc.
similar bands/artists: Dream Theater, Planet X, Tony MacAlpine, Jughead, Platypus, Condition Red, All Too Human, etc.
artist info: 元Dream Theaterで活躍していた、技巧派キーボードプレーヤー。ソロやプロジェクトなどで忙しく活動。



Derek Sherinian - Planet X
Magna Carta
(1999)

Dream Theaterを脱退したキーボード奏者のDerek Sherinianは、期間を余り空けずにすぐさま行動を移しました。そして完成させたのが「Planet X」アルバムだった。パート1から3にまで渡る大作イン スト組曲「Atlantis」からは凄まじいまでのプログレッシヴなフィーリングとテクニカル・ロック演奏を聞くことができる。 このアルバムではプログレ、ハード・フュージョン・ロックなどの要素をブレンドしたテクニカルな演奏が聴ける。Derek Sherinianのキーボードプレーを始め、参加しているTony Franklin (bass) 、Brett Garsed (guitar)、Virgil Donati (drums)の4人が合体した時に放つ、凄まじい化学反応がインスト志向のファンには、たまらないアルバムとなっているのではなかろうか。プログレ/ハードだけがメインフォーカスというよりも、この4人から出てくるサウンドや演奏は非常にカラフルであります。Jeff Beck, Van Halen, Tribal Tech, Liquid Tension Experimentなどにも通じる実に面白い仕上がりになっている。Dream Theaterでの彼の働きも素晴らしいものがあったが、非常にセ ンスのいい躍動感あふれるリズムと、変拍子の嵐に身を委ねて欲 しい。非常に高いスピリッツとロック魂が溢れているプログレハード&テクニカルハードの良作に仕上がっている。(購入盤Review)
PILGRIM WORLD推薦盤


Derek Sherinian - Inertia
Inside Out
(2001)

おなじみDream Theaterで活躍していたスーパーキーボーディストのDerek Sherinian。はっきりいって説明するときにDream Theaterの看板をとっぱらってあげたいぐらい。Kevin Mooreについても思うことですが、Derekのソロアルバムでも、流石の切れ味鋭いプレーが炸裂しています。Planet Xと比べたら、ややアダルト・オリエンテッドな雰囲気です。当然、集まっている面子も素晴らしく、技巧的なアンサンブルとキーボードプレーが収められている。彼の幅広いジャジーでフュージョニーなサウンドにも許容範囲を設定している方にはお勧めです。Dream Theater的サウンドを余り期待してしまうと、肩透かしかもしれません。。(購入盤Review)

Back to [S] Section
Back to Review Index

Go to Top Page