SECRECY
country: Germany
style/genre: German Metal, Powerful Metal, Complex Metal, Prog Metal, New Tendencies, etc.
website:
related bands/artists: Sweet Cheater
similar bands/artists: Jester's March, House of Spirits, Sanvoisen, Fates Warning, Lethal, Mercury Rising, Vigilante, etc.
artist info: 90年代初頭にアルバムを2枚リリースしたドイツの変り種メタルバンド。硬質且つ知的な作風を有したスタイルを武器にしている。



Secrecy - Raging Romance
Noise International
(1991)

ドイツはブレーメンを拠点に活動をしていた実力派Powerful Metalバンド。ジャーマン・メタルの文脈で、時々話題に出てくるバンドなので90年代初頭に活躍したメタル系統に明るい皆さんの間では、よく知られている存在ではないかと思います。表層的な部分だけを見ていくとするなら、硬質でパワーを強調した欧州パワーメタルバンドと評価されるのではないでしょうか。しかし、このバンドの場合は、他のバンドとは異なる質感やスタイルを持っていると思います。確かに勢いのあるアップテンポなメタル楽曲も得意とする一方で、プログレメタル黎明期のバンドに通じる知的なアプローチやアレンジメントで取り組んだ構成のメタルサウンドも楽しむことができるでしょう。ドイツの硬派寄りのメタル系バンドに通じる部分もある一方、割とコンプレックスな路線を得意としていたLethalMercury Rising, Fates Warning, Quensryche的な側面もあり個人的には、なかなかに面白いバンドだという印象であります。また別の視点で見ていくと、日本のVigilanteを好むリスナーの心をひきつける部分もあるやもしれません。かなりパワフルなサウンドが前面に出ているものの、各メンバーが活躍している度合いも高いです。ギターオリエンテッドなパワーメタル、そして楽曲によってはProg Metal的側面も少なからずありますので、キーボードが殆ど無いバンド・サウンドでも気にならなければ楽しめる可能性は高いと思います。このバンド、かなり熱心に応援しているファンが結構いらっしゃるという記憶がございます。硬質で正統派な従来の欧州パワーメタルや、アメリカ産の重厚Powerful Metal勢に大いにアピールするでしょう。しかし、一般のProg Metalファンへのアピール度は、あまり高くないのかもしれません(Dream Theater系を期待した時点で、多分楽しめないかもしれません)。80年代的なプロダクションの残り香を強く感じさせるので、この辺りの音作りが気になる人もいるかもしれません。しかしメタルリスナーの立場から発言させていただくならば、このアルバムはパワーメタルが好きな人には、気に入ってもらえる可能性は非常に高いでしょう。(購入盤Review)

Back to [S] Section
Back to Review Index

Go to Top Page