THOUGHT INDUSTRY
country: U.S.A.
style/genre: Intellectual Thrash Metal, Alternative prog metal, Crossover, New Tendencies, etc.
website:
related bands/artists: Jason Newsted, etc.
similar bands/artists: Heaven's Cry, Voivod, Spellbound, etc.
artist Info: 90年代から脚光を浴びる。スラッシュメタルファンから変り種メタルファンをも取り込む。独特のスタイルを持つバンド。



Thought Industry - Songs for Insects
Metal Blade
(1992)

80年代後半から90年代初期にかけて、メタルシーンの中でも急進派あるいは、革新派と呼んでも差し障りのない独自の道をゆくバンドがアンダーグランドにはかなり多く存在していたはずです。ミシガン州はカラマズー出身のこのバンドも、独自のメタルサウンドを展開していたと思います。彼らは幸運なことにも、MetallicaのベーシストであったJason Newstedの目に止まり脚光を浴びたことは、非常に有名なところでありましょう。音楽的には、意外とFaith No MoreKing Crimson辺りを好むプログレサイドのリスナーにも楽しめるような、かなり奇怪なサウンドを含んでおります。またギターオリエンテッドなProg Metalや変態寄りのメタルが好きな人にはたまらないサウンドではないでしょうか。どのバンドに似ているかと比較するのが、難しいです。強いていえば、Heaven's Cryの2ndやVoivod辺りを気に入っているプログレメタルファンや、Anacrusisのようなインテレクチュアル・スラッシュメタルが好きな人にもアピール大ではないかと思います。ひとつひとつの曲が濃いですね。聞き手によっては、難解かもしれませんが、繰り返し聴いていくと面白いアレンジがされていると思いました。確かに攻略するのが難しい音楽ですが、ありきたりでないところが面白いかと。インテレクチャル・スラッシュと呼ばれていた時代を想起させますが、独特の音楽集団のように思います。スラッシュとパンキッシュなエネルギーを合わせた勢いと疾走感が楽しむポイントだと思います。しかもインストセクションの緻密さや演奏力から、Thought Industryの実力の高さを味わえるでしょう。普通のメタルやスラッシュではない変り種が聞きたい人には、お薦めです。そして歌詞の内容も、非常に思索に耽った感じで、色んな著名人などの引用も含んでおります。哲学的でもあり、強烈にシニカルな側面もあるのではないでしょうか。ジャケットのサルバドール・ダリの絵も、Thought Indusryのシュールレアリスム性を表しているかのようだ。なんともアナーキーなメタルという印象。(購入盤Review)

discography:


Back to [T] Section
Back to Review Index

Go to Top Page