TERRANA, MIKE
country: U.S.A.
style/genre: Hard Fusion, Guitar/Drum Oriented Instrumentals, Prog Metal, etc.
website: http://www.terrana.com/
related bands/artists: Artension, Tony MacAlpine, Yngwie Malmsteen, Rage, Cyril Achard, etc.
similar bands/artists: Cyril Achard's Morbid Feeling, Simon Phillips, Taboo Voodoo, Cosmosquad, etc.
artist Info: 仕事人ドラマーMike Terranaのソロ・ワークス。彼の秘められた実力が発揮されている。



Mike Terrana - Man of The World
Lion Music
(2005)

ArtensionTony McAlpine, そしてRageなどのプレーで知られている敏腕ドラマーMike Terranaの多分2枚目に相当するアルバムがMan Of The World。なんの予備知識もなく、聴き始めましたが・・・特に最初の1〜2曲めは非常に素晴らしい!。キーボード系がもっと充実していればいいのになー・・と細かいところを言えばきりがないかもしれません。ですが、フュージョンタイプの音楽や、良質のインスト志向の作品が好きな人には楽しめると思います。ちなみにVictor SmolskiKevin Chownも参加しています。というか、このアルバムMike Terranaのソロアルバムだけど、Cyril Achard's Morbid FeelingCyril Achard自身のソロや関連作品が好きな人にぜひ聞いてもらいたいです。Cyril Achard曰く「Confusionみたいなスタイルを表現してみたかった」ということなので、Confusionの作品が好きな人は要チェックでしょう(笑)。ハードめのテクニカル・フュージョンから、そして現代風なジャジー楽曲も含めて、リズミカルなスタイルを強調したものが、入っています。個人的にはヒット作品です。全部がプログレメタル要素のあるものではないですが、僕個人は嵌っていきそうです。しかし、フュージョンぽいものやギターインスト、BGM風なサウンドが苦手な人にはお薦めできないです。それにしても、Cyrilのギターが絶品です。そして水を得た魚のようにMike Terranaのドラミングが、いつにもましてテイスティーです。聴き進めていくと次第にMike Terranaのドラマーとしての技量の凄さに舌をまきそうです。なんかこの人過小評価されていませんか?。ドラマーの人は要チェックだと思います。いやードラムの音が抜けがいいし、金属系の音もメリハリが利いていて非常に良い!。(プロモ盤Review)

Back to [T] Section
Back to Review Index

Go to Top Page