TWIN SPIRITS
country: Italy
style/genre: Prog Metal, Italian Metal, etc.
website: http://www.twinspirits.net/
related bands/artists: Daniele Liverani (Empty Tremor/Cosmics), Tommy Ermolli, Alberto Rigoni, Darrio Ciccioni (Centrica), etc.
similar bands/artists: Cosmics, Empty Tremor, Dream Theater, Conception, Vanden Plas, etc.
artist info: Daniele Liveraniをフューチャーした正統派Prog Metalグループ。



TwinSpirits - The Music That Will Heal The World
Lion Music
(2007)

イタリア出身のメロディアス系Prog Metalグループの1stアルバム。Dream Theater的なサウンドやスタイルから影響を受けていると思いますが、むしろEmpty Tremor辺りのサウンドを懐かしく思う方にアピール度が高いかもしれません。それもその筈で、メンバーにはEmpty TremorでKeyboardを弾いていたDaniele Liveraniが参加しています。Empty Tremorの初期のようなミステリアスさは少ないですが、堅実な演奏が展開されています。リードボーカルが交代する前の段階なので、歌メロが最近の彼等と比べて少し物足りないと感じる人もいるかもしれません。実際、自分がTwinSpiritsを初めて聴いた時は、どうしてもEmpty Tremorを比較対象にしてしまう傾向にあったため、ボーカリストによるメロディーが弱いと感じざるを得ませんでした。決して下手なボーカリストという意味で言っているのではないのですが、曲によっては上手く嵌っていないような箇所もあるように感じた・・・というのが正直な感想でした。しかし、最近聴きなおしてみたのですが、既にこの1stアルバムの時点で自分達が目指したい方向が既に見えているように感じさせます。技巧的な側面も確かに顔を出していますが、どちらかというと楽曲指向の部分やAOR的なバラードも大事にしている印象もあります。まだ、このアルバムを出した時点では色々と試行錯誤をしていた様子も伺えるものの、イタリアのProg Metalグループに見られるドラマティックさや演奏の巧みさを発見できるでしょう。イタリア国内でもライブ活動を行っており、着々とファンベースを広げている様子です。このアルバムを作ってからは、コンスタントにバンドとしての絆を強く固いものにしているように感じさせます。今後の展開と活動に注目したいイタリア系Prog Metalグループの一つでしょう。(プロモ盤Review) 


TwinSpirits - The Forbidden City
Lion Music
(2009)

イタリア出身のProg Metalグループ: TwinSpiritsにとって通産2作目のアルバムです。ここ数年は、活発に国内でのライブ・ギグやツアーを行っているようであります。このニューアルバム「The Forbidden City」から若干のメンバー交代がありました。今回の作品からスウェーデン人のGoran Nystromが、ボーカリストとして加入しています。それ以外のメンバーは前作に引き続き、Daniele Liverani (keyboards), Tommy Ermolli (guitar)、Alberto Rigoni (bass), Dario Ciccioni (drums)といった実力派揃いとなっています。前作の「The Music That Will Heal The World」は、メロディアス路線のProg Metalアルバムとして一定の評価を受けております。バンドの主軸として元Empty TremorDaniele Liveraniが参加していることから、イタリア系Prog Metalのスタイルを保持しています。テクニカルな要素を前面に押し出すのかと思いきや、予想していた以上に楽曲指向が強い作品のように感じました。技巧的にも楽曲的にも及第点はクリアしているのは当然というか流石なんですが、初期のEmpty Tremor的なサウンドとは異なるサウンドを追求している度合いが高かったことが記憶に残っています。Empty Tremorにあったミステリアスなムードが薄まった感じで、もっと普遍的というべきサウンドが強かった・・・というのが、予想外であったなあという印象を持ちました。

さて気になる2ndアルバム「The Forbidden City」の内容は、果たしてどのようなものになっているのか?。アルバム全体を聴いた感想は、期待していた以上のものを提示しており非常に嬉しくなりました。TwinSpiritsの場合も、脈々と受け継がれてきたDream Theater系のProg Metalの骨法は踏まえています。それに加えて、イタリア気質を上手く導入したメロディアス且つドラマティックなサウンドを完成させています。前任者も良いパフォーマンスを見せていましたが、新しいシンガーとして加わった実力派のGoran Nystromに変わったことがプラスに作用しています。表現力、エモーショナルな歌いっぷり、ストーリーテラーとしての説得力がさらに増したように感じました。元々が演奏能力が非常に高いグループでありますが、様々なライブ・ギグやツアーの経験を通してバンドの結束力が増してパワー・アップしています。TwinSpiritsの各メンバーが、これまでにCosmicsやソロ作品などで培ってきた経験を生かしており、アルバムの出来具合は2ndアルバムの方が遥かに充実しているのではなかろうか?・・と思わせるものがあります。イタリア出身の他のプログレメタル系グループと比較すると、エレガント性を常に重視しているタイプには分類されないでしょう。しかし、ドラマティックに盛り上がる曲調の中に、そういう要素を見出すことができるでしょう。また場面によっては、Empty Tremorとは異なる手法でミステリアスなムードを漂わせているのも面白い。

今回の作品は一貫したテーマで纏めたコンセプト作品になっていますが、各楽曲を一つ一つを取り出して聴いても充分鑑賞できるものになっています。Prog Metalサウンドを求めているリスナーにとっては、変拍子や技巧を施したロング・フォームの楽曲は充分満足できるものになっているのではないでしょうか。最初から最後まで身を委ねて、躍動感が漲ったパワフルでドラマ性に満ちた演奏形態と世界観を味わえるように纏めてきたのは流石だなあと思います。またプロダクション的にも細部にまで渡って良好でありますし、非常に優れたチームワークを発揮したアルバムになっていると感じました。TwinSpiritsのようなタイプが好きな人にとっては、もっとテクニカルに突っ走りまくって欲しいという場面も少なからずあるかもしれません。しかし、その辺りのサジ加減は丁度良い具合になっていると思いました。ここぞという時にテクニカルな場面は顔を出して来るので安心できます。一般のHR/HM系を中心に聴いているリスナーをも満足させるであろうバランス感覚、緩急の付け方、演奏形態、そして楽曲作りの上手さ・・といった観点を総合して大きく評価したいですね。

勿論、目の醒めるような素晴らしいテクニカルな路線だけに囚われることなく、よく考えられた楽曲構成〜親しみやすいメロディーに重点を置いているパフォーマンスは見事ですね。やはり特筆すべきは、若手ギターリストの中でも随一と評価したくなるTommy Ermolliの流麗でテクニカルなギタープレーが秀逸です。ギターやベースなどのリフ・パターンや美味しいフレーズパターンも登場します。Daniele Liveraniという人は本来はギターが本職な筈なんですが、今回もキーボードやシンセサイザーで活躍しています。Alberto RigoniDario Ciccioniも全体的に非常に良い仕事をしておりますね。テクニカルなリズムパターンを繰り出しつつも、分厚いサウンドを構築するなど素晴らしいかぎりですね。変幻自在なテンポ・チェンジや変拍子も得意としているチームです。Centricaだけでなく、最近はEmpyriosなどでもヘルプをしているDario Ciccioniは注目すべき実力派ドラマーの一人でしょう。それから、印象的なユニゾン・パートや、バンドが一体となった決め技が炸裂するところは圧巻でした。実は、そういうパートをもっと多く導入して欲しいと注文したくなるぐらいです(笑)。サウンド・プロダクションも実に時間をかけて練って作ったのでしょう。個人的には、全体的に聴いていてゾクゾクするというか次に何が起こるんだろうとワクワクしながら聴くことができたのが良かったですね。

2009年は、TwinSpiritsが新譜の「The Forbidden City」を通して大きな飛躍を遂げつつあるということを実感させてくれました。Empty TremorCosmicsHeart of SunCentricaのようなイタリア出身のProg Metal全般のサウンドを好む人達にアピール度が高いと思います。またDream TheaterVanden PlasPrymaryConceptionなどが好きなProg Metal系リスナーを中心に楽しんでいただける可能性があるでしょう。Daniele Liveraniが完全にEmpty Tremorから離脱したことは少々寂しいですが、ここ最近動向の無かったEmpty Tremorも新しいバンド体勢が確立したようで、既に動き出していることは喜ばしい限りです。これらのグループが切磋琢磨してイタリアのProg Metalシーンを活性化してもらいたいものであります。個人的には今後も成長が楽しみな存在になってきました。(プロモ盤Review)
[MySpace: http://www.myspace.com/twinspiritsband]


PILGRIM WORLD推薦盤

Back to [T] Section
Back to Review Index

Go to Top Page