Pilgrimworld News

| Top | Articles | Reviews | Links |
このページでは海外で話題になっているプログレメタル、パワーメタル、メロディアス・ハード系等に関するNewsを分かり次第お届するコーナーです。注:ニュースはあくまでも今の段階では確定ではないので、後に訂正の情報が入るかもしれませんので「事実とちゃうやんけー!」の場合もあります。万が一にも間違ってたらお詫びを申します。なるべく正確な情報を提供するように努力しておりますが、時間の経過と共に状況が一変する可能性もございますので、その辺りもご了承くださいますようお願いいたします (from てつ@Pilgrim World)
タイプ

2011/02/21

CONSCIENCE
現在フランスのProg Metalシーンの中で存在感を増しつつあるのが、このConscienceです。1stアルバム「Half-Stick of Shadow」はフランスのProg Metalファンの間では話題に挙がっています。現時点では2ndアルバム「Aftermath of a Summer Snow」の制作にも入っています。また先行されるシングルの"Different Gravity"をサンプルで視聴した限りでは、今後の展開に注目をしたくなる新しいグループの一つと言えるかもしれません。2ndアルバムの発売に期待をしていきたいところです。
http://www.cyberconscience.com/
http://www.myspace.com/cyberconscience
FRAIL GROUNDS
ノルウェー出身のPowerful Heavy Metalグループ: Frail Groundsは1stアルバムのレコーディングを進めているとのことです。既に2008年には5曲入りのEP盤「Corrosion」をリリース済みです。サウンド的にはNevermoreやEvergrey, Tad Morose辺りを彷彿させながらも、自分達のメタルサウンドを模索している様子が伺えます。
http://www.frailgrounds.com/
LALU
Vivien Laluが率いるLaluの2枚目の制作も順調に進んでいるようです。前作でリード・ボーカリストを務めたMartin LeMarが今回も参加しています。ご存知の方も多いと思いますが、Martin LeMarはTomorrow's EveとMekong Deltaのシンガーとしても活躍しています。サンプルを聴いた限りでは、前作の方向性を引き継いだProg Metal然としたものもあれば、楽曲によってはストレートな作りになっていると感じ取れるでしょう。またVivien Laluによる現代的なKeyboardサウンドもユニークなので完成が待ち遠しい作品です。
RadWaith
2008年に1stアルバム「Progressiv Concept I」をリリースしたフランス出身の4人組Prog Rock/Metalグループですが、バンド自体は既に活動を停止しているとのことです。

2010/12/18

AEON ZEN
前作が大変好評だったイギリスのAeon Zenが早くも新譜「The Face of The Unknown」を10月12日にリリースしました。ゲスト参加やコラボレーションをしている人たちの顔ぶれをみていると、今回はProg MetalというよりはProg Rock寄りの内容も含まれているのかもしれませんね。
ANTHRAX
Anthraxの「State of Euphoria」が再発されています。しかも、ダブルLP盤(限定版)らしいです。1988年にリリースされたときは、Megaforce/Island Entertainmentからでした。余談ですが、私が初めて買ったAnthraxのCDがState of Euphoriaでした。
DARKWATER
前作が大変に話題になったスウェーデン出身のProg Metalバンド: Darkwaterですが待望の新作「Where Stories End」が既に発売されています。今回のアルバムには元Pain of Salvationのメンバーとしてベースを弾いていたSimon Anderssonなる人物が参加しているとのこと。アルバムのミキシングはFredrik Nordstromが担当したと聞いております。既にCDを購入された方からも大きな反響を受けており、2010年度のベストアルバムはこれに決定という声も挙がっているそうです。聞くのが楽しみな1枚ですね。
ENOCHIAN THEORY
イギリスのProgRock/Metalバンド: Enochian Theoryは、Mascot Recordsと契約を結びました。既に自主制作でリリースしていたニューアルバム「Evolution: Creatio Ex Nihilio」を9月頃に正式に発売したとのことです。この前出たアルバム以外にもバックカタログとして「A Moment to The Death of An Idea」というのが発売されています。
James LaBrie (DREAM THEATER)
Dream Theaterのシンガーとして名を馳せているJames LaBrieの新譜「Static Pulse」は欧州で9月27日・米国で9月28日に発売されております。期待されていたJames LaBrieバンドによる11月と12月に行われる予定だった欧州ツアーがキャンセルになりました。
K2
1stが好評だったProg Rock系バンドのK2が、新譜「Black Garden」をMagna Cartaからリリースされました。Spock's Beardの鍵盤奏者: Ryo Okumotoさんもゲスト参加しております。
Marco Mendoza
Blue Murderなどの参加で有名なベーシストによるソロアルバム「Casa Mendoza」が、Mascot Recordsから既にリリースされています。メロディアスなハードロック系でラテン風味も入った演奏も素晴らしいというレヴューを読んだので、どんな内容になっているのか気になるところです。
Richard West (THRESHOLD)
Thresholdのキーボーディスト: Richard Westに関するサイドプロジェクトの情況で分かっている部分をお伝えします。Within TemptationやFates Warning繋がりのメンバーも参加するみたいだし、どんな音楽性になるのかということが話題に挙がっています。2002年にプロジェクトを開始したときには、ゲストで参加するメンバーの中にTore Ostoby (Ark/Conception)も含まれていたらしい。しかしThresholdの活動に専念するためプロジェクトは、一時的に頓挫してた模様。その後、2009年頃にまたRichard WestとFarrah West (Richardの奥さん)がプロジェクトを再始動しています。楽曲作りは、元Fates WarningのMark ZonderとWithin TemptationのGtであるRuud Jolieと一緒に行っているとのことです。Richard Westのプロジェクトは、確かまだ名前は未定だった筈です。Threshold絡みでNuclear Blast Recordsから出るのか?。それとも自主レーベルを作ってのリリースされるのか現状では定かではありませんが、分かり次第続報をお伝えできればと考えています。
SPAKING TO STONE
こちらのウェブサイトでもReview記事で紹介したProg MetalグループのSpeaking To Stonesの近況です。2006年に1stアルバムをリリースして暫く音沙汰の無かった彼等ですが、2011年に新譜をリリースする計画を立てています。新譜では、リードボーカルをSection AやLion's Shareで活躍しているAndy Engberg、そして元Fates WarningのMark Zonderをドラマーとして迎えるとのことです。Tony Vinciがギターを担当、そしてJam Pain Societyというバンドで活動しているGreg Putnamがベースを担当するそうです。前作も素晴らしい内容だっただけに、今度リリースされる新作に期待を寄せたいと思います。
VANISHING POINT
オーストラリア出身のProg Metalグループ: Vanishing Pointが5枚目となるアルバムの制作に入っています。

2010/12/16

ANDROMEDA
小耳に挟んだ情報です。Andromedaが新作のためのレコーディング始めてる模様です。果たして前作に引き続きNightmare Recordsからのリリースになるのかどうか(多分Nightmareからだと思いますけど最終的にはどうなんでしょうね)。続報に期待します。

Andreas Novak (ex-MIND's Eye/HOUSE OF SHAKIRA)
Mind's Eyeで素晴らしいパフォーマンスで活躍していたAndreas Novakがバンドを脱退しており、House of Shakiraの正式なメンバーとして参加しています。Andreasは既にソロアルバムなどもリリースして定評がありますが、今後House of Shakiraに新しい変化見られるのでしょうか。彼等の新譜がどんな感じになるのか楽しみにしたいと思います。まさかHouse of Shakiraのシンガー交代してたなんて・・というのが実際にNewsを知ったときの感想です。

ASPERA
ちょっと周回遅れのエイプリルフールなのかも?と思いつつも、気になったニュースだったので取り上げて見ることにしました。ノルウェー出身のProg MetalグループでInside Outからもアルバムを今年の始めにリリースしたAsperaがバンド名を新しく"Above Symmetry"というのに変更しました(おそらく契約上の関係があるんでしょうね)。うーん、あんまりピンと来ない名前になっちゃったような(^^;)。あと、もっとビックリなのは、その新しい名前になったのに関連してか、アルバム「Ripples」をボーナス・トラック付で再発売するとのこと。それ以外の詳しいことは載ってなかったんですが、Inside Outから離脱するのか?と勘繰ってしまいますね。バンド名は変わっても音楽性はAsperaの時と比べて方向性が変わるということは無いみたいです。

HEIR APPARENT
確か入手が大変困難な部類といわれているアメリカ出身のPower Metalグループ: HEIR APPARENTのOne Small VoiceがいつのまにかDVDとセットになったものとして再発されているみたいです。ボーナスも3曲ついているみたいで、個人的には内容に興味を持っています。ファンの人にとってはOne Small Voiceが一番良いという意見もあるようで。しかし、この再発をしたArkeyn Steelって初めて聞く名前なので、この再発盤もあっというまに無くなりそうな感じがする。自分は必ずしもHeir Apparentの音楽に深く触れたというリスナーではありませんが、Heir Apparentが好きな人にはかなり朗報ではないかと思います。

Hubi Meisel (ex-DREAMSCAPE/SCENES)
DreamscapeやScenesを脱退後、コンスタントにソロアルバムを3枚ほどリリースしていたシンガーのHubi Meisel。次の作品のリリースに期待が集まっていたようですが、最近分かった情報によるとアルバムの完成を見ることなく音楽活動を続けることを断念したとのことです。詳しいことは分かっていませんが、今後音楽活動を続けることに関しては明言を避けているようです。個人的にはこれまでDreamscapeを始め、良質な作品をリリースしてくれたHubi Meiselに感謝をしたいと思います。また原点に戻ってHubiが音楽活動を再開してくれることを密かに期待しています。

PSYCHOTIC WALTZ
正式にPsychotic Waltzの再結成が決まったそうです。ギョエエエ!(もちろん嬉しい悲鳴)。新作が出るのであれば期待しちゃいますぞ。果たして初期のクレイジーなProg Metal路線になるのか?。それとも後期のBleeding路線になるのか?。何にしても伝説のバンドの復活に注目したいと思います。特にDevon Graves (Buddy Lackey)とDan Rockは、どうやって折り合いをつけたのか不思議なぐらいですが、とても楽しみにしたいと思います。ということで現在オフィシャルで伝えられているラインナップは以下の通りに。Devon Graves (vocal), Dan Rock (guitar & keyboards), Brian McAlpine (guitar), Ward Evans (bass), Norman Leggio (drum) 

T Lavitz (DIXIE DREGS)
様々なグループやセッション、そしてソロワークなどで活躍していたT-Lavitz氏が10月7日にお亡くなりになりました。Jazz/Fusion系がお好きな人はご存知だと思いますが、Dixie Dregsなどでの活動で知られている実力派Keyboardist。あの人のKeyboardプレー好きだったのに残念でなりません。尊敬しているKey奏者の一人だったのでショックです。R.I.P

2010/08/27

A COSMIC TRAIL
ドイツのProg Rock系バンドA Cosmic Trailの1stアルバムとなる「The Outer Planes」が欧州方面では5月に入ってから既にリリースしております。どうやらLanfearのメンバーを数名含むラインナップとなっていますが、LanfearのようなProgPower系に拘っているような様子ではないみたい。 
ACUTE MIND
ポーランドを拠点に活動しているProg Metal系バンドAcute Mindが新譜を今年の4月下旬にリリースしました。シングル盤も発表しております。Quidamとツアーを廻ったそうです。どんなタイプのProgMetalサウンドなのか少し気になりますね。
CYNIC
こちらはちょっと既に古くなった情報になりますが、CynicのRe-Tracedは5月17日にリリースされています。新作はEP盤という位置づけみたい。前作の「Traced In Air」に収録された曲に新しい解釈を施したものがメインを占めています。Traced In Airからの4曲をリ・アレンジしたものと新しい曲が1つ含まれるということですね。新曲はWheels Within Wheelsとのこと。演奏は勿論最高なんですが、音作りも大変丁寧なところが良い。やっぱりCynicは重鎮的な存在ですね。また最近入った情報によりますと、どうやら3rdアルバムを制作する可能性あり?ということがネット上で話題として上がってきています。まだ詳しいことは分かっておりませんが、もしかしたら新作となるフルレングスの登場もあながち遠くない日に実現するかもしれませんね。
DIVISION BY ZERO
久しぶりにDivision By Zeroのページを見たら新譜の情報が出てました。いつの間にやら、新作「Independent Harmony」が4月5日ごろにポーランドで発売されたみたいです。今度の新譜はあまり馴染みのないProg Teamというところからのリリースみたい。中身がどんな感じになっているのでしょうか。 
ELISIUM THEORY
アメリカ出身のElisium Theoryは、6月下旬に1stアルバムModern Alchemyを既にリリースしました。2006年にNY州でバンドを結成。サウンド的にはProgRockとProgMetalの中間的なタイプを狙っているとのことです。
EVERGREY
Evergreyはメンバー交代をMySpace上などで発表しました。HenkとJonasが離脱するとのこと。正式に新しいメンバーの加入についてはバンド側から後ほど発表があるみたいですね。とりあえず「オオ!」と唸ったのは、次のツアーでMind's EyeやThe Murder of My Sweetでも演奏をしているJohan Niemannがベースとして参加するんですね。 
FIBONACCI SEQUENCE
アメリカのFibonacci Sequenceが欧州方面で新作「Numerlogy」をリリースしました。プロデュースは元CynicのChris Kringleが手がけているとのことです。音楽性はprog/metal/fusion辺りの要素は含んでいるらしい。
FREDRIK THORDENDAL's Special Defects
Meshuggahのギターリストとして知られているFredrik Thordendalが新作ソロアルバムの録音に入っているそうです。Morgan Agrenも当然ドラムで参加という訳ですね。前のアルバムSol Niger Withinをまた聴きたくなってきたぞ。
O.S.I.
Metal Blade Recordsのニュースからの情報です。Fates WarningのJim MatheosとChroma KeyのKevin MooreをフューチャーしたO.S.I.がMetal Blade Recordsに移籍を済ませています。Office of Strategic Influenceの新譜は、2010年後半にリリースみたい。
PENNY'S TWISTED FLAVOR
オランダ出身のグループPenny's Twisted Flavourが中々面白そうなシンフォニックハード系の音楽をやっているみたいです。既に発売中のアルバムでは、根幹となる部分はSpock's Beard + Yes辺りからの影響が強いみたいです。しかしヘヴィなパートや技巧的な側面が強まるとDT的なスタイルが顔を出すということです。個人的には、これはぜひチェックしたい存在です。 
RESTLESS GROOVE
Restless Grooveというグループがアルバム「The Forest of Dance」。どうやらRushやPrimus、Umphery's McGee辺りのファンにアピールしそうな音楽集団という触れ込みなので内容が気になるところです。ライブが面白そうな雰囲気がジャケットから滲み出ていると思います。

2010/04/08

ARK
久しく活動の話が見えてこなかった北欧Prog Metalグループの雄、ARKでありますが・・・メンバーのJohn Macaluso (dr)によると、新譜「Aradiokaos」のレコーディングは既に終了しているそうです。まだリリース日程はハッキリしていませんが、今年じゅうには出るのではなかろうか?と期待しています。多分、ボーカリストはJorn Lande参加していないように思います。この新譜リリースに関しては、また分かり次第PILGRIM WORLDでも続報があればお伝えする予定です。
ELDRITCH
イタリアの重鎮Prog Metal/Power MetalバンドのELDRITCHが新作「Gaia's Legacy」の録音に今月から入るそうです。今度の作品では初期のプログレメタル系サウンドに回帰しつつ現代的な要素を導入した形になるとのことで楽しみですね。鍵盤奏者としてFab Muratoriという人物が担当することになってます。
FATES WARNING
FATES WARNINGのメーリングリストの情報です。「Parallels」が大好きな皆さんお待たせしました。遂に3月16日にParallelsのスペシャルエディションをMetal Blade Recordsからリリースされました。オリジナル音源は当然リマスターされており、その他にもライブ音源やデモ、そしてDVD付での発売。1992年のParallelsツアー当時のライブやアルバム制作のドキュメンタリーなどParallels期のFates Warningファンが見たかったもの・知りたかったものが結構含まれています。今回のスペシャル版のリリースとの関連性ということで、な・ななんとParallels当時のラインナップが一時的に再結成してライブが順次、いろんなところで行われるということです。
HAKEN
英国出身のProg Metal/Rock系バンド: HAKENの1stアルバム「Aquarius」が、SENSORYレコードより3月30日にリリースされました。メンバーには、To-MeraやLinear Sphereで関わっているメンバーも含まれているので、テクニカルな側面に興味を持っているリスナーにとっても期待できると思います。http://www.myspace.com/hakenmusic
HAMADRYAD
カナダのProgRockバンド: HAMADRYADが3枚目となるアルバム「Intrusion」をリリース。CDとDVDがセットになった限定盤と通常版の2種類あり。1stは結構ユニークな感じの曲調のものもありましたね。
NEVERMORE
シアトルを代表する重鎮メタルグループ: NEVERMOREがCentury Mediaより「The Obsidian Conspiracy」をいよいよリリースします。欧州では5月31日、北米では6月8日にリリース予定だそうです。
SHADOW GALLERY
もう既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、TRITON POWER CRUISE自体がキャンセルになったそうです。SHADOW GALLERYにとって初のライブが行われる筈でしたが、もう少し先になりそうですね。詳しくは下のリンク先: BLABBERMOUTHのニュースをご覧下さい。しかし、Shadow Gallery側はLiveショーを行う予定は持っているようで、近い時期にまた新しい動きが出ることを期待していきましょう。http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=135798
VANDEN PLAS
そういえばVANDEN PLAS最近はどうしているのかなあ?と思っていたら、今度の新譜はFrontiers Recordsから出す予定と知って驚きました。InsideOutも色々あったから、その後VANDEN PLASはどうするのかなあ?ということは気にはなっていました。Frontiers Recordsからという事で、これまでのバンドも幾つか日本盤が出ているので、ひょっとしてひょっとする?。国内盤として日本で発売されるんじゃないかと期待しています。当初の予定だと新譜のタイトルは昨年みたニュースでは、「The Journey of A Watchman」だったようですが、タイトルは「The Seraphic Clockwork」になりそうです。6月ごろにリリース予定とのこと。まあFrontiers Recordsというのは考えてみれば、VPのメンバーがPLACE VENDOMEとかにも関わっていたから成程なあと納得する方もいらっしゃるはず。久しぶりの新譜を聴くのが楽しみになってきました。
WOLVERINE
Wolverineが新譜「Communication Lost」のレコーディング開始したようです。セッション1日目ということで、まずはドラムの録音などがメインみたいです。3枚目の頃から大きく変化を遂げつつありますが、今度のアルバムではひょっとしたらプログレメタル系のバンドという説明の仕方に語弊が出てきそうな感じです。モダン・シンフォ系の路線に切り替えつつあるのかな。でもそれでもヘヴィなサウンドも含まれていることを期待したいですね。やっぱり最近のSylvanやRiverside辺りに通じる内容になるのかな?と想像するのも楽しいかもしれませんね。

2009/12/03

PRIMARY ELEMENT
カリフォルニア州を拠点としているPrimary Elementは、主にサンディエゴのライブシーンで音楽活動を展開している新世代のグループです。既にデビューアルバムを2008年の春にリリースをしてファン層を開拓しています。音楽的にはSoundgarden、Alice In Chains、Smashing Pumpkins、Tool、Stone Temple Pilotsなどのシアトル勢やオルタナティヴ系に属するHeavy Rock/Metalグループからのサウンドに近いですが、楽曲によってはそこはかとなくDream Theater辺りの影響も感じられることでしょう。正統派のProg Metalサウンドとは異なりますが、モダン寄りな要素や折衷したスタイルのヘヴィ・ロックには楽しめるのではないでしょうか。個人的には少し気になる存在なので、今後の展開が楽しみな新人グループと言えます。http://www.myspace.com/primaryelementband
STEVE MORSE BAND
久しぶりの新譜「Out Standing In Their Field」が一足早く、10月に欧州で発売されています。アメリカでは11月の下旬に発売されております。
SUN CAGED
2ndアルバム「Artemisia」でベースを担当していたがRoel Vinkが脱退してますね。後任のベーシストは、ドイツ出身のDaniel Kolnに決定したようです。12月21日・22日にオランダ国内で行われるPain of Salvationのライブ2公演でのサポートは、Sun Cagedが務めることになっています。また最近入ったホヤホヤの情報によりますと、3枚目となる新作「The Lotus Effect」が来年の春ごろにリリース予定とのことです。Prog Metalファンにとって興味深いのは、7部で構成されている24分に渡る楽曲も収録することになっています。またリーダー兼ギターリストのMarcel Coenenは、忙しい活動と並行して最近ではTwitterを通じてネット上でギターレッスンを行う予定も立てています。
SYMPHONY X
Nuclear Blast Recordsに移籍をしたSymphony Xは、新譜を2010年の春ごろにリリースする予定です。
TIMEFALL
イギリスはケンブリッジを拠点に活動しているTimefallは、2007年ごろから頭角を現し始めたメロディアスなProg Metalグループです。1stアルバムの「Into The Shadow」は、各方面でも話題になったという噂も耳にしました。過去には同じ英国のグループ、Thresholdのサポートを経験しています。音楽性は、Dream TheaterやPain of Salvation、Evergreyなどからの影響が強いようですが、ほんのりと初期のEnchantやOctober Thornsに近い感触もあって今後に期待したくなります。また新しくリリースされたEP盤「Your Days Are Mine」はiTunesなどから購入ができるそうです。http://www.myspace.com/timefall

2009/11/07

DARK DAY SUNDAY (Frank Aresti)
元Fates WarningのメンバーだったFrank Arestiは自分のグループ、Dark Day Sundayではスラッシュ寄りな音楽をやっているそうです。それが起因しているわけでもないでしょうが、Fates Warningのライブではなるべく参加してファンの前で元気な姿を見せて欲しいとそう思います。
SACRUM
以前Dream Theaterのアルゼンチン公演で前座を務めたProg MetalバンドのSacrumは、前作「Cognition」に続いての新譜、「Days of Quarrantine」を8月にリリースしております。アルバム自体は前作も含めてMySpaceなどから購入が可能なようです。興味を持たれた方は、まず購入をする前に手続きや郵便物の発送に関してメールやメッセージを通して確認をしておいた方が良いように思います。私自身はアルゼンチンからCDを購入したことがないので、ちょっとその辺り少し気になったもので・・・発送に関してのトラブルには充分ご注意下さい。横道にそれました、失礼致しました。またiTunesやAmazonからデジタル・ダウンロードも可能なようです。http://www.myspace.com/sacrvm
SOUL CAGES
個人的には「ウォオオオオ!!」と思わず力を入れて唸り声をあげたくなるほど嬉しいニュース(笑)。あの(ってどの?・・って言われそうですが)、ドイツのNeo-Prog寄りProg MetalバンドのSOUL CAGESが復活の兆しを見せています。バンドは既に解散していると思っていましたが、通産4枚目となるアルバム制作を頑張っているようです。ホームスタジオの機材に問題が発生しており、それを修復するのに時間を費やしていたようです。レコーディングの経過としては、あとはキーボードとリードギターの部分を入れる仕事が残っているとのこと。ある意味完成も間近ということかな。まだリリースする予定のレコード会社も決まってはいないということなので、首を長くして待って行きたいと思います。
SUBSIGNAL
SIEGES EVENファンの方々は待ちかねていたのではないでしょうか。元Sieges EvenのMarkusとArnoを含むSubsignalの新譜「Beautiful & Monstrousが9月頃にリリースされました。海外のレヴューとかを見ると、結構高評価なところをチラホラと見ました。どうやらSieges Evenの最近の2枚:The Art of Navigating By The StarsとParamountが好きなら、かなりストレートで楽しめるらしいので、非常に非常に期待が膨らみます。他のメンバーは、Sun CagedやDelphianでも叩いているドラマーのRoelとベースとキーボードは現在Dreamscapeに在籍しているメンバーということです。今年の夏ごろに行われたフェスティバル形式のライブではSieges Evenの曲もプレーしていたようです。
WHILE HEAVEN WEPT
アメリカ出身のAwaken The Guardian時代のFates Warningや、エピック系ダークメタルからの影響も見られるHMバンド、While Heaven Weptが新作「Vast Oceans Lachrymose」を11月3日にアメリカでリリースしました。欧州方面では11月6日にリリースされたばかりです。最近知った情報ですが、かつてMagna Cartaからアルバムを出したAlturaのボーカリストRain Irvingが、2004年以降White Heaven Weptのメンバーとして参加しています。Alturaとは掛け持ちなのか??、それとも既にAlturaからは離脱しているのでしょうか?。http://www.myspace.com/whileheavenwept

2009/10/19

BAR Festival
アメリカ西海岸はサンフランシスコのベイエリアで2年連続で行われているProg/Power Metalのフェスティバルですが、今年はアメリカの景気後退などが主な理由で中止となりました。企画を担当している人の情報によると、来年は開催をしたいとの予定を持っているようですが、まだ詳細は未定とのことです。
ANDROMEDA
10月2日に行われたProgPower Europeでヘッドライナーを務めたAndromedaは、「Playing Off The Board」のLive CDを欧米で発売しています。2010年8月14日(木)に英国で開催されるBloodstock Open Airフェスティバルに出場を予定しています。昨年予定されていたProgPower UKがキャンセルになってしまったので、今度のフェスティバルで英国のオーディエンスの前でパフォーマンスが出来ることを心待ちにしているそうです。
ALL TOO HUMAN
新譜「Juggernaut」が昨年の9月辺りにリリースされる予定だったのですが、どうやらリリースが今の時点では延期しているようです。新譜にはAshentのボーカリストのSteve Braunが参加しているとの噂ですが、こればかりは最終的にリリースされるアルバムが発売されるのを待ってみないと分かりませんね。現在はAll Too Humanとしての活動よりも、それぞれのメンバーがサイドプロジェクトの活動に若干重点をおいているようです。早ければAll Too Humanの中心メンバーの一人であるMaurice Taylorのソロプロジェクトの作品が完成するのが先になるかもしれません。
OPETH
Progressive Nation 2009でDream Theater、Big Elf、Unexpectと精力的に欧州ツアーを廻っているOpethでありますが、10月12と13日は英国とアイランドで単独のライブを行ったようです。また11月10日にはイスラエルでの公演も予定しています。また11月の後半は日本・オーストラリアのツアーもスケジュールに含まれております。
(P.S. 先日入ったニュースによるとOpethのツアーバスがハイウェイで車の衝突事故にあったようです。しかし、バスの方には大きなアクシデントはなく乗っていたOpethのメンバー2名は無事でした。残りのメンバーはProgressive Nationのオフを利用してスウェーデンに帰国していたそうで事故にはあわなかったとのことです。しかし、衝突を起こした車の運転手はこの事故によりお亡くなりになったそうです。)
PLANET X
Tony MacAlpineがバンドメンバーとして既に復帰しており、ファンの間で盛り上がりをみせているProgressive/FusionバンドのPlanet X。秋にスケジュールを組んでいた欧州でのLive日程の殆どが、残念ながらキャンセルになりました。キャンセルになったツアーは、少なくとも2001年前半ごろに延期になる予定だそうです。大半の欧州での日程は延期になりましたが、最近行われたばかりポーランド国内で行われた10月9日〜11日のコンサートは盛況だったとのことです。今後の欧州ツアーの日程がどうなっていくのか、ハード・フュージョンやメタリックなジャズロック系リスナーは注目していきたいところです。
ProgPower Scandinavia
9月25日・26日にデンマークはコペンハーゲンで予定されていたProgPower Scandinaviaが諸事情によりキャンセルとなってしまいました。メインとなる2日となるコンサートはキャンセルとなりましたが、Pre-Partyは予定どおり行われたそうです。ちなみにPre-PartyはIntromental Managementとも深い関わりがあるAnubis Gate, Fairyland, Sensory RecordsよりアルバムがリリースされたLeprousが登場したとのことです。
SUSPYRE
過去にProgPower Europeを始め、様々なイベントに参加しているニュージャージー州出身のProg Metalグループ。2008年の9月下旬にSensory Recordsより通産3枚目の新作「When Time Fades」をリリースしていますが、今年サイトで発表されたニュースによると、中心メンバーの一人であったギターリストのRich Skibinskyが個人的な理由でグループから離脱しています。ギターの後任者としては、これまでベースを担当していたAndrew Distabileが今後はギターを担当することになっています。ベーシストとして新しくSam Bhootが加わることになりました。また新しいメンバーとして、昨年の夏ごろに女性キーボーディストのApril Seseが加入しています。また中々安定しなかったドラマーの位置ですが、パーマネント・メンバーとしてGabe Marshallが正式に迎え入れられています。来年に向けてライブやフェスティバルなどのスケジュールやブッキングも立てています。また、今月後半にリリースされるShadow Galleryの新譜「Digital Ghost」にSuspyreのボーカリスト、Clay Bartonもゲストスポットとして参加しております。

2008/05/11

AMASEFFER
イスラエル出身のProgressive MetalグループのAmasefferは、InsideOutよりSlaves for Lifeを6月24日にリリース予定です。かなり中近東的なサウンドや旧約聖書の世界観を取り入れたものとなっており、Orphaned LandやBeyond Twilightなどに通じる重厚感を強く感じさせます。リードボーカルは、本来はVanden PlasのAndy Kuntzが候補に挙がっていたようですが、最終的には参加は白紙となったようです。最終的にSwedish EroticaやYngwie Malmsteenなどの活動で知られているMats Levinがリードボーカルを担当しています。今回リリースされる作品Slaves for Lifeは、第3部作のうちの第一弾目ということになる。ストーリー自体は出エジプト記からの影響が強いようです。
Chris Quirarte (PRYMARY/REDEMPTION)
最近は本家のPrymaryというよりは、Redemptionでの活動の方が知られているProg Metal系ドラマーのChris Quirarteは、3月15日に南カリフォルニアの楽器店で行ったドラムクリニックが好評だったそうです。人柄も大変温厚で素晴らしいクリスだけに、ミュージシャンを目指している人たちにもきっと参考になることが多かったのではないでしょうか。
DREAMSCAPE
これもご存知の方が多いと思いますが、昨年新作「5th Reason」をリリースしたドイツのProg MetalグループのDreamscapeは今回大幅なメンバーチェンジを行っています。ギターリストのWolfgang Kerinnisを除くメンバーが新しくなりました。シンガーには、現在Ivanhoeでも活躍しているMisha Mangが参加しています。メンバーは交代していますが、精力的なツアーやライブ活動も行っておりSieges EvenやCircus Maximus、Symphony X等と共演を果たしています。
HEADSPACE
Thresholdのリードボーカリスト:Damian WilsonとキーボーディストのAdam Wakemanを擁することで知られている英国のProg RockグループのHeadspaceは昨年デビューEP盤のI AMをリリースしました。へヴィな欧州産RockサウンドとProg Metal系のサウンドをブレンドした新世代の音作りが楽しめます。今後の発展に大変期待をしています。
MINDFLOW
既にアルバムを2枚発表し、Prog Metalファンの間で好評のMindflowは昨年アメリカで行われたMadfestに参加しました。内容は非常に素晴らしいパフォーマンスだったということで、本場アメリカのメタルファンからも注目を集めたようです。3枚目となる最新作は5月に発売される予定だそうです。新作のタイトルは「Destructive Device」。またカナダを皮切りとしたワールドツアーを予定しています。
REDEMPTION
InsideOutに移籍後、快進撃をしているRedemptionの最新作The Origins of Ruinは好調な滑り出しを見せています。特に昨年はHeadway FestivalやProgPowerなどのフェスティバルでも大きく注目を集めただけでなく、Dream Theaterのアメリカ・夏季ツアーをサポートするなど知名度を高めることに成功しました。現在のところDVDの制作は、最終段階に入っているようです。今回のツアーをサポートしていたキーボーディストのGreg Hosharianが正式メンバーとして加入が確定となりました。
SYMPHONY X
現在世界中のメタルファンから大きな支持を得ているSymphony Xですが、6月27日にベルギーで行われる恒例のGraspop Festival、そして7月5日にオランダ北部のフリースランドで行われるWaldrock Festivalなどの参加が確定しています。秋以降は、ブラジルでのライブギグを3つほど行う予定を既に入れています。
THE GOURISHANKER
2007年にリリースしたアルバム2nd Handsが、世界中のプログレファンに人気を博したロシア出身のThe Gourishankerが注目を集めています。以前彼らの本国でリリースされた1stアルバムの「Close Grip」がUnicorn Digitalより4月18日に既にリリースされています。また現在3枚目の制作に入っていますが、それと並行して新しいフロントマンを公募しています。新世代のプログレッシヴ・サウンドが楽しめる頼もしい存在です。
THE URBANE
Arenaなどの活動で知られているギターリストのJohn MitchellとIt Bitesのドラマーとして知られているBob Daltonを擁する英国の4人組RockグループのThe Urbaneは、新作の「Starlight」の制作途上にあります。It Bitesのニューアルバムの制作にJohnとBobが関わっていることから、The Urbaneのアルバムの完成にはもう暫く時間がかかる模様であります。気になるバンドのサウンドは、新世代のハードロック・サウンドとNeo-Prog風な要素も感じられる内容となっています。
THRESHOLD
既にご存知のファンの方も多いと思いますが、バンド自体はNuclear Blast Recordsに移籍を果たしています。新作Dead Reckoningをリリースして間も無くリードボーカリストだったMacが脱退しました。初期のオリジナルメンバーだったDamian Wilsonが後任者を務めています。Damienは現在Headspaceなるバンドと並行しての活動をしております。今年は10周年となるProgPower Europeのヘッドライナーとして登場します。
TRANSMISSION
ID, ego, Superegoをリリースして久しいTRANSMISSIONは現在のところ目だってのライブ活動は無い模様です。どうやらインターネット上でもMusicloadやNapsterなどを通してアルバムを購入することができるようです。また公式サイトを通じてCDやDVDなどの購入も可能のようですが、注意が必要とのことだ。ドイツ国外のカスタマーは、サイトにあるOnline Shopでの購入が現時点ではできないらしい。まずはサイトに購入に関する問い合わせをしてほしいとのことであります。

2007/03/08

Abstract
イタリア出身のコンプレックス路線を貫いているProg Metalバンドが登場しました。Spirals to Infinityなるアルバムを完成させておりまして、女性ボーカルを担当するメンバーがいます。近年女性ボーカルを含むコンプレックス路線のProg Metalグループが以前と比べると増えてきていますね。

Andromeda
Metal Mind Productionsからのニュースです。スウェーデンのテクニカルProg MetalグループのANDROMEDAは、英国の重鎮ネオプログレ系グループのPENDRAGONによる「21st Anniversary of The Jewel」コンサートのサポートを務めました。このスペシャル企画は、ポーランドのKatowice市にあるWyspianskiシアターで10月31日に行われました。
Pendragon - Neo - Andromeda
31st October 2006
Wyspianski Theater, Katowice, Poland

Annete Kienzle (ex.Charisma/Acoustic Affaire)
元Charismaで活動をしていたドイツ出身の女性シンガー:Annete Kienzleさんが音楽活動をしていたことが嬉しいですね。 風の噂では、ポップ風なジャズということでProg Metalの要素は全くないということですが、彼女が違うスタイルをどんな感じで歌っているのか楽しみです。いつか見つけたらゲットしたいと思います。
http://www.acoustic-affaire.de/

Akerfeldt/Wilson/Portnoy project
ご存知OPETH、PORCUPINE TREE、DREAM THEATERで活動をしているメンバーをそれぞれ含むプロジェクトだそうです。OpethのMikael Akerfeldtによると、よりメロー寄りのサウンドを指向したいということなのでOpeth本体のようにアグレッシヴなものではなさそうですね。もっとプログレ的なサウンドになるのかなーと期待しています。

Benny Jansson
最近ではXsavioRやTears of Angerなどで、非常に素晴らしいギターワークで大活躍のBenny Janssonは4枚目となる自身のソロアルバム制作中です。今回の作品にはボーカル曲がたくさん含まれるということで、インストタイプの曲は2つほど収録予定。ボーカルはGoran Edmanが担当し、キーボーディストには新進気鋭の技巧派キーボードプレーヤーにして、KarmakanicのメンバーとなったLalle Larssonが担当します。現在レーベルを物色中とのことです。

Citriniti
イタリア出身の兄弟を中心にしたプロジェクトで活動をしています。昨年Between The Music and Latitudeをリリースし、Progressive MetalやProg Fusionなどのインタープレーがビシバシと飛び出す音楽が好きなリスナー層を中心に海外では評判を得ています。Shrepnel Records系列のTone Centerよりアルバムが発売されています。
http://www.citrinitimusic.com/

Cyndee Lee
アメリカは東海岸を中心に活動をしているプログレ系の女性ヴァイオリニストです。Space Rock的音楽を追求している方だそうです。HawkwindのNick Turner氏とツアーで廻った経緯やSpace Seedのお話から、Cyndeeさんが熱くSpace Rockを語っていました。Cyndeeのヴァイオリン・プレーに嵌りつつあります。本人もソロアルバムを出しておりますが、現在はViolinの講師の仕事をしておられるそうです。また、Mark Woodとの繋がりもあるようです(本人はViper使っております)。地元の学校でのアンサンブルや子ども達にも教えているみたいですね。お好みの音楽は、もちろんプログレからスペースロック方面のようで、Popol VuhのHosiana Mantraも気に入っておられたようです。殆どスペースロックものには触れてきてないので、機会があればオープンに聴いていきたいなーと思いました。ソロ作品を既にリリースしていますが、今後はライブ活動などやグループワークにも邁進していくとのことで、個人的には興味深いアーティストです。
http://www.soundclick.com/pro/view/01/default.cfm?bandID=360501

DIAL
オランダのProgressive RockグループのDIALは、めでたくProg Rock Recordsと契約を結びました。アルバムは4月にリリース予定だそうです。このグループには、あのPain of Salvationにもメンバーとして参加していた経歴を持つKristoffer Gildenlowも活躍しているとのことです。今後はライブ活動もベネルックス方面を中心に行う予定だそうです。

Dali's Dilemma
おそらく皆さんも同じように気になっているDali's Dilemma情報なんですが、やっぱり活動の進展が遅いことも起因しているのでしょう・・・遂にというか、なんというかリードボーカリストのMatt Bradleyが既に離脱しております(T-T)。業界関係者からのお話によると、新しくリードボーカリストも加入して新しいデモ作品も存在しているようです。が、1stが大好きな人は、ある意味かなりの覚悟をしないといけないかもしれませんね(^^;)。Matt Bradleyはどこに行ってしまったのやら・・・。というか、そもそも2ndが出る可能性があるのかどうか、段々不安になってきました。

Daniel Flores (Mind's Eye/XsavioR)
Mind's Eye/Danielファンの皆様注目です。 Daniel Floresさんがご自身のホームページ開設致しました。いやいや、いい感じじゃないですか。彼の活動だけでも、凄い広範囲ですからね。Danielさんには、これからも活躍期待してます。最新ニュース見ていると、Magnus Carlssonさん達となにやら新しいことをやろうとしているんですね。祝開設!
http://www.danielflores.net/

Dreamtone
トルコ出身のメロディックProgPower MetalバンドのDreamtoneは、5月に行われるBlind Guardianのトルコで行われるライブギグのサポートを務めることが決定しました。ベーシストが交代しましたが、既にシングルのSnowfallが先日ワールドワイドにリリースされたばかりです。
http://www.dreamtone.net/

Eldritch
既にニューアルバム、Neighbour Hellをリリースしているイタリアの中堅Prog Metalグループ。最近の彼らはよりアグレッシヴでテクニカルなスラッシュ路線を標榜しているみたいです。初期のメロディアスなProg Metal路線から大分離れつつあるようですね。

Indemnity
スウェーデン出身の若手Prog MetalグループIndemnityは、メンバーチェンジを通りながらも地元での活動を中心に頑張っているようです。現在まではデモ制作のリリースが中心となっていますが、昨年の春頃に行われたライブの模様がDVDとして収録されているそうです。今年以降の活動状況は詳しく伝わっていませんが、頑張って欲しいものです。
http://www.indemnity.se/

Into Eternity
カナダのProgPower Metal系バンドのInto Eternityから、メンバーであるRob K.がバンドを脱退したことを正式に発表しました。新作を出すたびにファンの数も増えてきているので、これをバネにして邁進して欲しいところですね。

Goran Edman
ソロアルバムの制作に入っているようです。サウンド的には、驚くほどXsavioRタイプだとのことでXsavioRの活動が停止していることにガッカリしていた自分にとっては朗報です。

Jeff Kollman Explosion (Cosmosquad/Edwin Dare)
実は西海岸地域では、活発にライブ活動を行っている実力派ギターリストのJeff Kollman(日本ではEDWIN DAREでお馴染みと言った方がいいのかも)。Cosmosquadとは別で、Jeff Kollman Explosionなる名義でライブをやっています。ライブハウスとしても著名で多くの実力派がライブを行ってきたBaked Potatoでプレーをしています。同じ場所では、Cosmosquad名義で結構やっていたみたいですね。
The Jeff Kollman Explosion:
・Jeff Kollman (Glenn Hughes, Cosmosquad, Mogg/Way) - Guitar/Vocals
・Christopher Maloney (Dweezil Zappa, Virgil Donati, Cosmosquad) - Bass
・Glen Sobel (Impellitteri, Jennifer Batten, Tony MacAlpine) - Drums
・Lao Tizer - Keys
というラインナップで、強烈そうですね。

Joop Wolters
前作が大変好評だった元ArabesqueのJoop Woltersは、通産3枚目となるニューアルバムの制作が佳境に入っています。Lion Musicより今年の9月頃にリリース予定だそうです。Mind's EyeのDaniel Floresも5曲ほど参加しているとのこと。ハード・フュージョン路線と少しProg Metalなタッチが入ったスタイルが好きな人にはお薦めです。

Kristoffer Gildenlow (ex. Pain of Salvation/DIAL)
なんとKristofferさん、ソロ・プロジェクトやるみたいですね。 Mattias Eklundだけでなく、Ron Thalや元SUN CAGEDのDennis Leeflangも参加するとのことで、どんなものになるか興味がつのりますね(^^)。

Mekong Delta
なんとTheory In Practiceで活動をしていたギターリストが、Mekong Deltaに加入したとの事です。現在新作の制作が進行中だそうです。

Melora Rain
オランダはロッテルダムを拠点に活動をしているProg Rock系グループのMelora Rainは、EP盤Rusing Sunsetをリリース後、少しづつ注目を集めています。地元のバンドやテクニカル系のProg Metalグループともネットワークを持っており、今後はシーンに踊り出てくることが期待されています。現在は新作の制作に向けて忙しくしている模様です。
http://www.melorarain.com/

Mind's Eye
北欧のProg Metal/Rockグループとして成長著しい、Mind's Eyeの新譜「A Gentleman's Hurricane」がほぼ完成の段階に入ったそうです。テーマは、かなりダークでヘヴィーな内容で、サウンド的にも今までの彼らの中ではハード&へヴィなものになっています。まだ確定ではありませんが、ひょっとすると北欧HR/HMシーンで著名な「あの人」が参加を表明しているとのこと。本当は、その「あの人」というミュージシャンを紹介したいところですが、まだシークレットにします。それと並行して、DVDのリリースも考えているとのことで、ワクワクどきどきですね。

Novak
Mind's EyeのシンガーAndreas Novakは、通産2枚目となるニューアルバムの制作に入っています。サウンド的にはHarlem ScaremやTNTに通じるものがありそうです。

Pedestrians of Blue
ノルウェー出身のProg Rock系グループ、Pedestrians of BlueはTOTOのようなAOR風サウンドとQueensryche的なProg Metal的要素も両方持つ、魅力的なグループとして注目を集めつつあります。既に2枚のEP盤とフルレングスアルバム「Crossing Over」を完成させております。ミキシングにはMind's EyeのDaniel Floresも関わっているということで、こちらにも注目です。どうやらFishFarm Recordsよりアルバムが5月頃にリリースされるそうです。
http://www.pedestriansofblue.com/

Phillip Bardowell
AOR系ミュージシャンのPhillip Bardowellは、In the cutをFrontiers Recordsよりリリースしています。ドラマーとしてMind's Eyeでお馴染みのDaniel Floresが参加。そのほかにもTommy Denandarがギターなどで参加、ミックスも担当しています。欧州のプレスでは、非常に素晴らしいメロディックAORロック作品だとの高い評価を受けています。

Portal (from Canada)
(*こちらのバンドは、あのCynic繋がりのPortalではございませんので、誤解がないようにおねがいします・・)。カナダ出身のProgressive Rockグループ:Portalは、ToolやVASTなどから影響を受けたサウンドを標榜しているそうです。おそらくモダンな要素の強いヘヴィーロック指向な感じがいたします。どうやら、これまでに3枚のCDをリリースしているようです。
http://www.portalband.com/

Pursuit
アイオワ州を拠点に活動をしているCCM系のProgressive RockグループのPursuitは、現在のところ新作の制作活動を継続中です。Prog系のメディアを中心に、少しづつ評価をされつつあるようです。

Serenity
デモ作品がRock HardやMetal Hammer誌などでも高い評価を獲得したドイツ方面を中心にヨーロッパで活躍をしているMelodic ProgPower MetalバンドのSerenityは、既に1stアルバム「Words Untold & Dreams Unlived」を完成させております。DreamscapeのJan Vacikによってプロデュースされていることなどから、作品の質が高いであろうということが予想されます。2007年の4月頃にアルバムが発売される予定だそうです。とても楽しみです。
http://www.serenity-band.com/

Sieges Even
ドイツの重鎮Prog Metalグループ、Sieges Evenの新しい情報をお伝えします。今度出るニューアルバムのタイトルが「Paramount」に決定したそうです。2007年の1月よりレコーディングに入りました。発売はおそらく2007年の5月頃になるだろうとのことです。とっても楽しみにしております。

Slavior
InsideOutからの情報です。今週の26日と27日にSlaviorのショーケースギグをLAで行う予定です。Slaviorって何?と思っている熱心なFATES WARNINGのファンの皆様。Slaviorには元Fates WarningのドラマーMark Zonderが在籍しているモダン路線のProg Metalグループです。InsideOutからの情報と書きましたが、そうなんですInsideOutからアルバム発売されますよ。音楽的には結構いろんな要素を含んでいるみたいですね。ゾンダーさんがおっしゃるには、グルーブ感のある分かりやすいものだそうです。最初はギリシャのBlack Lotus Recordsと契約するみたいだったようですが、いろんな事情でポシャリ結局InsideOutに落ち着いたという訳なんですね。あ!、そういえばInsideOutのJim Pituluski氏と言えば、本来Fates Warningと関連が深い人ではないですか!(もしも手元にFates WarningのPerfect Symmetryのブックレットがあれば、詳細に見ていくとJimの名前がありますよ)。Slaviorのアルバム発売日は4月3日を予定しているそうです。
http://www.slavior.net/

Son of Science
To-Meraのメンバーとも関わりが深い英国のProg MetalグループのSon of Scienceは、現在デモ作品の制作に入っています。音楽的にはキーボード奏者を含むテクニカル系メタルサウンドを標榜しており、次第に英国からもテクニカル系やProg Metal系グループの活躍が聞かれるになってきたのは喜ばしいかぎりです。
http://www.sonofscience.com/

Spheric Universe Experience
2005年にデビューアルバムをリリースし、多くのメロディアス派Prog Metalファンを魅了したフランス出身のSpheric Universe Experienceが、Sensoryと契約を交わしました。2ndアルバムAnimaは今年の4月ごろにリリース予定です。メロディとテクニカル性が同居しているということで、個人的にはこういうタイプは好きなので2ndにも期待しております。フランスからも続々と気になるグループがドンドンと登場しております。

Speedy Gonzalez
Tommy Denander (guitars), Thomas Wickstrom (vocals), Marcel Jakob (bass), そして北欧のProgMetalグループ:Mind's Eyeの中心人物であるDaniel Flores (drums)で構成されているSpeedy Gonzalezは、北欧方面を中心に既に新作Electric Stalkerをリリースしています。サウンド的にはTOTO的なメロディアスAOR路線とのことです。

Status Minor
北欧を拠点に活動をしているProg MetalグループのStatus Minorは、現在新しいデモ制作にとりかかっております。昨年リリースしたデモ作品は、Prog Metal系を応援している海外メディアでは高評を得ています。Vanden Plas, Platitude, Symphony Xなどに通じる時にはテクニカルに展開する音楽性を得意としていて、頼もしい限りです。
http://www.statusminor.com/

Threshold
英国を代表するベテランProg MetalバンドのThresholdは、新譜Dead ReckoningをNuclear Blastよりリリースします。アメリカでは3月20日より、ヨーロッパ方面では3月23日に発売するとのことです。またゲストミュージシャンとして、Edge of Sanityなどでよく知られているDan Swanoがバッキングボーカルで2曲参加しています。また今回の作品を持って一旦Nick Midsonが暫く離脱することになったそうです。ただこれは脱退ということではなく、充電を経た後にNickがバンドに再び戻ることも示唆しています。ライブやツアーではProg Metalグループとして活動しているSoliloquiyのPete Mortenがサポートをするとのことです。現在決まっているツアーやフェスティバルに日程には、ProgPower USAでの出演も決定しています。

Winterstrain
Winter Strainは、2005年にZ RecordsよりReturn To The Mirrorアルバムをリリースしているノルウェー出身の5人組Prog Metalグループです。新作の制作に関しては、ほぼ完成段階に入りつつあるようです。北欧出身のProg Metalグループでありまして、Dream Theaterの初期や欧州のメロディックメタルグループにも通じるものを持っているということで、新譜が楽しみです。
http://www.winterstrain.com/

2006/02/08

Aching Beauty
フランスはパリ近郊を拠点に活動をしているProg MetalバンドのAching Beautyは、現在セカンドアルバムの制作に入っております。既に昨年、彼らはフランス本国で1stアルバムL'ultima Oraをリリースしております。メンバーの編成に少し変化が生じる可能性もあると示唆しております。

After@All
ハンガリー出身の新世代Prog MetalバンドのAfter@Allは、ニューアルバムの制作にしばらく時間をかけているようです。次のアルバムでは、前回リリースしたA.C.I.Dよりもヘヴィーな路線にしようと計画しているようです。ここ数年間に渡って、かなり活発にライブ活動も続けているようです。外国のレーベルとのディールを念頭に入れているとのことであります。

Age of nemesis (Nemesis)
既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、以前Sensoryに所属していたNemesisは、なんとMagna Cartaに移籍していることが判明しました。なんと、お蔵入りしていたPsychogeistがMagna Cartaより発売されております。移籍後は、Age of Nemesisと改名しております。まだ未定でありますが、セールスの内容によっては、幻の傑作Terra Incognitaもリリースされるやもしれません?。

Alchemy X
アメリカは西海岸出身のProg Metalバンド、Alchemy Xは定期的にライブギグを重ねての活動を続けております。通産3枚目となるニューアルバムの制作にも入っています。現在はシンガーが交代しておりまして、ニューシンガーとしてTom Engleが加入しました。

Alias Eye
DVS Records在籍の有望株であるNeo-ProgバンドのAlias Eyeから、ギターリストのTissi Richerが脱退しました。後任として、Matte Wurmが加入しました。現在はニューアルバムの制作に入っております。

Arabesque
オランダの技巧派Prog Metalバンド、Arabesqueの新作リリースが少し伸びてしまいました。本来は昨年初頭にリリース予定でしたが、まだリリースされておりません。中心人物のJoop Woltersのソロアルバムが好評だっただけに、しばらくは出ないのでしょうか?。現在のところ、まだリリース日程日が確定しておりません。分かり次第Lion Musicより発表があることでしょう。

Ascension Theory
元Aztec Jadeのメンバーを2名含む、Ascension Theoryは、昨年の9月頃に2枚目となるニューアルバムをリリースしました。現在も着実に活動を続けておりまして、Nightmare Recordsより絶賛発売中です。

Ashent
既にアンダーグラウンド・シーンでは経験を積んでいるイタリアのProg Metalバンドですが、海外のProg Metalファンの間で静かに盛り上がっております。テクニカル路線を指向しており、Dream TheaterやCea Serinタイプの音楽が好きな層にアピールしそうであります。1stアルバムの制作に向けて邁進中とのことであります。予定ではLucretia Recordsよりリリースされるとの風聞が伝わってきました。
http://www.ashent.net/

AtmOsfear
ドイツ出身のProg MetalバンドAtmOsfearは、前作Inside The Atmosphereに続くニューアルバムの制作に入っています。12分を超えるエピック指向の楽曲も含まれているとのことで、ドイツ系Prog Metalファンを中心に期待が高まっています。

Alessandro Benvenuti
イタリアの技巧派プレーヤー、Alessandro Benvenutiは1月に行われたNAMMショーに姿を現しました。エンド-スをしているPeavey、Messa Boogie、そしてSeymour Duncanのブースに登場し、関係者を始めとして彼の音楽性やプレーヤーとしての実力に注目が集まっています。

Beyond The Labyrinth
ベルギーで活動をしているプログレッシヴ系ミュージシャンのGeert Fieuwを中心として結成されたグループ、Beyond The Labyrinthは遂に待望の新譜をリリースしました。ゲストミュージシャンに、Sun CagedのMarcel Coenen、ThresholdのRichard West、Mind's EyeのDaniel Floresも参加しており、かなり興味深いProg Rockアルバムになっているとのレポートも入っています。かなり長い期間を経て、やっとSignを完成させたGeertもこれで少し落ち着けるのではないかと思います。既に最初のプレスは全て完売しており、再プレスをしているとのことでベルギー方面では頑張っているようであります。また2月2日にはRiversideの前座も務める等、最近の活動も好調のようであります。
http://www.beyond-the-labyrinth.com/

Canvas Solaris
Sensoryと契約を交わしたテクニカル系メタルバンドのCanvas Solarisは、待望の新作を遂にリリースしました。完成度は、これまでで一番高い内容となっており、WatchtowerやKing Crimsonなどの音楽性を好む技巧的なサウンドが好きな人には注目です。

Casual Silence
オランダの若手Neo-Progグループ、Casual SilenceはSagaのサポートをするコンサートに参加する予定であります。昨年はMediaと呼ばれるシンフォニックプロジェクトの2枚目にメンバーが携わっていましたので、コンサートのサポート後は自身の活動とあわせて新作のリリースが期待されております。

Circus Maximus
ノルウェーの若手実力派Prog MetalバンドのCircus Maximusは、今年の9月に行われるProgPower USAのフェスティバルの前夜祭であるPre-Partyに参加することを表明しました。今年は序盤からライブ活動なども定期的に行っており、Rock The Boatなるイベントにも参加することになっております。2/4に地元で行われたライブではKamelotのサポートを務め見事なパフォーマンスを展開したそうであります。

Cloudscape
前作が好評だったCloudscapeは、ニューアルバムCrimson Skiesの制作を着々と進めております。日本盤にはボーナス曲が1つ加わるそうです。リリース予定は今年の6月ごろになるそうです。

Conscience
フランスの若手Prog Metalバンド、Conscienceは1月27日にニューアルバム「Half-Sick of Shadows」をリリースしました。地元のProg Metalファン層から注目を集めております。なお、非常に精力的なギグも重ねており、今後の活動に期待をしたいところです。

Daniele Liverani (Empty Tremor/Khymera)
Empty Tremorの活動でよく知られているDaniele Liveraniですが、彼が携っているKhymeraの2ndアルバム「A New Promise」を昨年欧州や日本向けに既にリリースしております。おそらくEmpty Tremorの4作目に向けても、制作は並行して行っているものと思われます。

Day Six
Headway Festivalにも登場した経験のある、オランダ出身のDay Sixは昨年ニューアルバムをリリースしました。現在は、地元での活動を中心に展開しつつ、次のアルバム制作に向けて励んでおります。

Degree Absolute
ここ数年あまり音沙汰が無かったDegree Absoluteですが、遂に今月Sensoryより1stアルバムが堂々リリースされました。Prog MetalやTechnical Metalの両方が好きなファン層には、大きく注目されている存在であります。Watchtower, Fates Warning, Zero Hour, Spiral Architect辺りの音楽が好きな人には注目していただきたいです。

Delta
現在メキシコから、良質なテクニカル系バンドが次々と登場しておりますが、Deltaもその一つであります。音楽性はStride、Planet X、そしてAnomalyなどに通じるものがあるということで、インスト系のファンを中心に次第に注目されつつあるようです。テクニカル且つプログレッシヴなフュージョン音楽やハードフュージョンが好きなリスナーはチェックしてください。

Division By Zero
最近はポーランドがProg Rock/Metalファンの間で注目が高まっていますが、このバンドもポーランド出身です。サウンド的には、先輩のRiversideをよりヘヴィー寄りにしたかのようだという評価のされかたをしています。

Dreamlost
個人的に応援しているフランス期待の技巧派Prog MetalバンドのDreamlostは、昨年12月に行われたVNR Festに参加しました。Eths、MMProject、Necronなどとも共演を果たしました。今後も定期的にライブを行っていくとのことであります。とにかくフルレングスの新作がリリースされることを心待ちにしております。頑張って欲しい若手グループの一つです。

Dreamscape
既に御存知の方が多いと思いますが、Dreamscapeの要的存在であったドラマーのBernhard Huberが「音楽の相違や個人的な理由」などから離脱しました。7for4の Klaus Englが新しいラインナップの一員として参加しましたが、早くも新作には参加しないと表明(やっぱり7for4が彼の本体なのでしょう)。またメンバーチェンジの詳細は追って伝えていきたいと思います。それから海外では、Revoicedをリリースしております。現シンガーRoland Stollによって、1stと2ndを新しく録音したとのこと。またアレンジも少し変えているとのことで、1stのTrance-Like Stateと2ndのVeryに収録されていた楽曲が、どのようなものになっているのか楽しみなところです。個人的にはHubi Meiselのボーカルが2ndではフィットしていたので、どうなっているんだろう?。

Ebony Ark
日本では既に1stアルバムDecoderをリリース済みのEbony Arkでありますが、現在のところ海外ではDecoderがリリースされる気配がありません。海外のProg Metalファンの間では、日本からの輸入盤でしか入手できない状態が続いているようです(大分前のSymphony XやWithtout Warningの時みたいですね)。彼らは、2ndアルバムの制作に入っているようですが、海外とのレーベル契約が期待されております。

Eternity X
数年前にEternity Xの活動が停止して以来、久しくなりますが、遂にKeith Sudanoを中心に復活の狼煙をあげたようであります。過去3作が、Black Lotus Records/Wheel of Time Productionより再リリースすることが決定しております。再リリースのセールスが、着実な成果を見られるようであれば、幻となった新作From The Ashesをリリースするやもしれない?とのコメントも出ております。Eternity Xで、海外でツアーを行う意欲も持っているとのことで、非常に今後に期待がかかります。

Exawatt
メロディック・スピードメタルとProg Metalの性質を両方導入している、イタリア出身のExawattは遂に1stアルバム「Time Frames」を完成させました。フランスのDeadsun Recordsよりアルバムがリリースされています。ライブの活動も定期的に行っており、地元を中心にLabyrinth, Secret Sphere, Dynamic Lightsとも共演しております。

Fountain of Tears
アンダーグラウンドでは、かなり評価が高い女性シンガーを含むAtmospheric派にも所属する実力を持った、Prog MetalバンドのFountain of Tearsは現在ニューアルバムの制作を継続中とのことであります。長い間彼らの動向があまり伝わってきていませんでしたが、ニューアルバムのリリースに期待をかけております。

Freaks On The Roof
ドイツを拠点に活動をしているProg Metalバンドが中々、面白そうです。http://www.mp3.de/の方で聞くことができるみたいです。サウンド的にはSavatageやDead Soul Tribeなどにも通じるものがあるという評価もされております。インディーズシーンを中心に注目されると、面白いのではないでしょうか。

Gaia
フロリダ出身のProg Metalバンド、Gaiaが1stアルバムを1月末に完成させました。関係者によると、非常に素晴らしい内容の詰まったものになっているとの意見も出ております。このバンドは女性ボーカリストを擁しており、ギターにも特徴があるとのことであります。個人的には楽しみな存在の一つかもしれません。http://www.gaiamusic.net/

Greyhaven/Echo Us
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、現在Greyhavenは活動を停止しております。Greyhavenのメンバーだった何人かが結成したEcho Usに、その意思は引き継がれております。どちらかというとEcho Usは、エレクトロニカ路線のProg Rockプロジェクトとなっており、なんと日本人ベーシストの方も参加しているとのことであります。すでにEcho Usの名義で作品は完成しています。

Haji's Kitchen
テクニカル指向のギター奏法が楽しめるアルバムをShrapnel Recordsからリリースしたことで知られている、Haji's Kitchenからは既にVincent Mullinが脱退しております。ボーカリストとしてDevin Townsendにエールを送っているようですが、ニューボーカリスト探しにしばらく難航しているようです。新作がリリースされるまでに、かなり遠い道のりを辿っていますが、活動に期待がかかります。

Hubi Meisel
自身にとって3作目となるニューアルバムKailashをLion Recordsよりリリースしております。内容はチベットを舞台にしたエピック指向のコンセプト作品になっております。Sun CagedのMarcel Coenen、LaluのVivien Laluや、Mind's EyeのDaniel FloresとJohan Niemannも参加しております。EmOceanで彼の音楽世界に嵌まってしまった人は、要チェックでしょう。

Ikinae
出自は謎ですが、インディーズシーンで突如名前が浮上してきました。このバンドは、Pain of Salvation風味のサウンドを標榜しております。またアートワークをMattias Norenが手がけているということで、ジャケ買いをするProg Metalファンには今後目に止まる可能性があるかもしれません。

Jadis
イギリスの中堅Neo-Prog系バンドのJadisは、InsideOut移籍第2段の新作を完成させました。今回の新譜は、Jadisの初期の2作品などを好むファン層には特に気に入られる要素が詰まっており、早くも好評であります。

Ivory Tower
前回もお伝えしましたが、現在レーベルを物色中であります(ということは、既にLMPとは関係を絶ったのやもしれませんね)。その間に、ドラマーが脱退しておりまして、後任者を現在募集中とのことです。

Jean Fontanille
Dream TheaterやLiquid Tension Experiment的な方向性を狙ったMini CD、Essentiaを2001年にリリースしたことのある、フランスの技巧派ギターリスト。Jean Fontanilleは、ワールドクラスのミュージシャンを含む豪華なゲストを迎えたソロアルバムをリリースする意向であります。ソロ活動と並行しながら、ライブ活動も活発に行っておりまして、Fantastic(s)3や、The Fusion Projectなどにも参加しています。

Khallice
Dream Theater系のProg Metalサウンドを特徴に持っている、Khalliceはブラジル南部などを中心に精力的にツアーで周っています。現在のところ、新作制作やリリースに向けて準備を重ねているそうです。

Koyaanisqatsy
かなり変わった名前のバンドだが、このバンド女性ボーカルを含むProg Metalグループであります。まだ現段階では、正式なアルバムリリースが待たれていますが、デモ作品は大変好評であります。

Lalu
昨年はOniric Metalをリリースし、海外のメタルファンの間でも好評だったLalu。反響もかなり高かったようなので、Vivien Lalu本人による新作に向けての準備が期待されております。

Loch Vostok
元Mayadomeのメンバーを含むLoch Vostokは、King Diamondの北欧ツアーにSecret Sphereと共に合流するそうであります。またキーボーディストのAndreas Lindahlが脱退しておりまして、後任はFredrik Klingwellが決定しております。

Malpractice
ギターオリエンテッドを主体にしているProg Metalバンド、Malpracticeの新譜が大変注目されています。昨年リリースされたものですが、今年に入っても人気が上昇しております。次の作品にも期待がかけられているニューカマーであります。

Mental Voice
5人組のProg Metalバンドが、アンダーグラウンドで注目を集めつつあります。現在はまだデモを数曲やっと完成したばかりですが、将来かなり成長を遂げるのではないかと期待が寄せられています。
http://www.mentalvoice.com/

O.S.I.
Dream TheaterやFates Warningのメンバーを含むスーパープロジェクト、O.S.I.が2枚目の制作に入っているとのことです。現在分かっている時点では、Mike PortnoyやKevin Mooreが参加することはほぼ確定しています。早ければ、今年にもリリースされる可能性があるかも?。

Parallaxe
フランスの超絶技巧派Prog MetalバンドのParallaxeは、コンスタントに且つ精力的にライブ活動を行っております。過去にPlug' InやFantastic(s)3などとも、共演を果たしております。ニューアルバムの完成に、かなり時間をかけているようですが2006年以降になるかもしれないと言われています。デモ作品で素晴らしい表現力と完成度を持っていたので、個人的に期待しております。

Planet Alliance
Metal Heavenレーベルは、今年の夏ごろに北欧やヨーロッパ各地のミュージシャンを中心に集めたプロジェクトPlanet Allianceのアルバムをリリースします。音楽的にはメロディアスなハードロック作品になるだろうとのことであります。メンバーには、Bob Daisly、Janne Stark、CloudscapeのMike Andersson、HammerfallのMagnus Rosen、Last Tribe/StarbreakerのMagnus Karlsson、Anders Johansson、元The Flower KingsのJaime Salazar、Carl-Johan Grimmark、Mattis IA Eklundなどが参加リストに入っています。アルバムは既にRoasting House StudioでAnders Theo Theanderによってプロデュースされております。

Power of Omens
残念なことにPower of Omensは昨年の後半ごろには、バンド活動を停止解散していることが判明しました。ベーシストが不治の病で倒れた事が起因しており、活動を維持していく事が難しくなった事によるとのことです。メンバーのそれぞれの動向は、定かではありませんがDave Gallegosはソロ活動を中心にしていくことと思われます。むしろ元メンバーの方が、大変活発に活動をしていてChris SalinasはZero Hourのニューボーカリストに決定。Alex Arellanoも自身のプロジェクトとしてThe Fractured Mindでテクニカル指向の音楽性を追及していくようです。

Private Secret
既に2曲入りのミニCD「First Impressions」が関係者の間で好評のProg Metalバンド、Private Secretは本格的な1stアルバムのプリ・プロダクションに入っています。昨年の12月には7for4をサポートするコンサートに参加しました。Dreamscapeとの関わりの深いバンドだけに、1stアルバムに期待がかかります。

ProgPower UK Festival
オランダ・アメリカに引き続いて、遂にイギリスにおいてProgPower Festivalが開催されることが今年決定しました。ロンドン近郊で3/25の土曜に開催が決定しております。気になる参加バンドは、割とPower Metal路線が大半をしめる中で、Prog Metalグループを含むということで少しアメリカのProgPowerに近い様相を呈していると考えられます。参加するバンドはThreshold、Orphaned Land、Pagan's Mind、Firewindなどを予定しております。イギリスにお住まいの方や、旅行を考えている人はぜひエンジョイしてください。

Protest The Hero
今年に入って海外ではProtest The Heroが静かに盛り上がりを見せつつあるようです。スタイル的にはスラッシュやモダンメタル、そしてProg Metalの要素を含む現代的なメタルバンドということで、Into Eternityが好きな人にはかなりアピール度が高いそうです。聞き手によってはDream TheaterなどのProg Metalを好む人にもヒットするのではないか?と評価をされています。今後に期待がかかります。

Red Circuit
メンバーにChity Lanka Somapalaを擁する新Prog MetalバンドのRed Circuitは、新作を完成させております。プロデューサーとして、Markus Teskeが担当していることから期待が寄せられておりますね。アルバムは2月にリリース予定で、サウンドはVanden PlasとRammsteinを合わせたかのようなものになっているとの評判です。

Ricochet
なんと約10年ぶり近く経って、ドイツのメロディアスProg MetalバンドのRicochetが2ndアルバムZarah: The Teartown Storyをリリースしました。いつのまにやらシンガーは交代しておりますが、現在も彼らが音楽活動をしていたことがProg Metalファンの間で大きな話題の一つになっています。

Salty The Pocketknife
名前も変わっていますが、サウンドも変り種のバンドを発見しました。Mr.Bungleの影響化にある一方で、女性ボーカルを擁しています。ヘンテコリンでありつつも、かなりグルーブ感もあるということで、Mr BungleやFaith No MoreをRIOぽくしたらこんなバンドになるのかもしれません。CD Babyで彼らの作品が販売されております。

Silent Memorial
メロディアスProg MetalグループのSilent Memorialは、久しぶりにニューアルバムをリリースする予定です。現在はシンガーにCloudscapeのMike Anderssonを迎えてレコーディング中とのことであります。ちなみにMikeはCloudscapeとの活動も並行して行っておりますので、Cloudscapeのファンの皆様はご安心ください。現在レーベルを物色中とのことでありますが、アルバムの内容はかなり素晴らしいものになっていることが予想されております。とても楽しみであります。

Shadrane
昨年はOniric Metalアルバムが大変好評であったフランス人キーボーディストのVivien LaluのソロプロジェクトであるShadraneの1stアルバムNeurastasiaのリリースが、大変期待されております。Vivienによると、今年Lion Musicより発売する計画は充分示しております。この作品を完成させるのに、かなり難航をしているようでありますが、僕個人は、Shadraneに凄く期待を寄せております。

Silence
フランス出身の2人組Prog Rock/MetalプロジェクトのSilenceは、既に4枚のアルバムをリリースしております。アルバムごとにサウンドが異なっているそうです。UtopiaアルバムはPoverty's No CrimeやThe Quest風味になっており、Trouble In ParadiseアルバムはほぼインストでVanden PlasやDream Theaterタイプとなっているようです。最新作のNostalgiaは、The Outfield的なサウンドとなっているそうです。昨年の暮れ辺りから、海外のファンで少しづつ注目が集まっているようであります。
http://silenceprod.free.fr/

Solewire
また新しいバンドが登場してきました。Solewireはスタイル的には、ThresholdやEvergreyなどの要素に通じるものがあるという評判を耳にしました。また今後どう活躍するのか興味深いです。

Solid Vision
イタリア出身の若手技巧派Prog Metalバンド、Solid Visionは2ndアルバムHurricaneを完成させました。2月ないしは3月ごろに、Progman Recordsよりアルバムがリリースされるとのことです。この作品は、個人的にもリリースされることが楽しみであります。

Sooki's Atomic Hump Leg
人をおちょっくっているとしか考えられない名前のバンドですが、どうやらサウンド的にはかなりしっかりした素晴らしいProg Metalバンドが発掘されました。現在は余り音沙汰が伝わってきておりませんが、今後どうなるのか注目していきたいグループです。

Sphere of Souls
元Sun Cagedで活動をしていたAndre Vuurboomを擁する、Sphere of Soulsが1stアルバムFrom Ashesを完成させました。プレスリリースでは、Fates WarningとPsychotic Waltzを合体させたようなサウンドということで、これまた頼もしいProg Metalが楽しめそうであります。メンバー構成は以下のようになっております。
Andre Vuurboom (ex-Sun Caged, Imperium) - Vocals/Guitar
Kees Harrison (ex-Automn Equinox) - Bass
Rob Cerrone (ex- Imperium) - Guitar
Ruud van Diepen (ex-Automn Equinox) - Drums
Joost van den Broek (ex-Sun Caged, Star One, Ayreon) - Keyboards
Anand Mahangoe - Lead Guitar
非常に頼もしいのは、元Imperium組、元Sun Caged組、元Autumn Equinox組に、テクニシャンのAnand Mahangoeと実力者が勢揃いしており、かなり期待が高まるラインナップとなっております。Lion Musicより今年リリース予定とのことであります。

Strange Land
昨年King's Xの前座も務め、ショーを成功させたStrange Landは3rdアルバムに向けての制作に今後本格的に入るようです。2月以降、またライブギグをコンスタントに行うそうです。昨年リリースした2ndアルバムは、Fates Warningタイプのギター指向のProg Metalファンを中心にインディーズでは着実に前進している気配があります。

Symbiosis
デスメタルのファン層を中心に人気が集まっていた変り種Prog MetalバンドのSymbiosisは、待望のニューアルバムOn The Wings of Phoenixをフランスを中心に昨年の暮れにリリースしました。アンダーグラウンドでは、かなり人気のある実力派Prog Metalバンドだけに、前作以上に注目を集めて欲しいと思います。

The R.A.C.E.
カナダの変り種Prog Metalバンド、The R.A.C.E.が久しぶりに海外方面のマニアを中心に再評価されつつあります。このバンドは、DisturbedとSpiral Architectを合体させたような、かなりモダンなサウンドを標榜していたとのことですが、最近の動向は中々こちらに伝わってきておりません。ある意味、伝説のバンドの一つとして名前が時々出ておりますので、うちのサイトでも分かり次第報告したいと思います。

The Saturnine
地元オランダでは、かなり活発に活動を繰り広げているThe Saturnineですが、昨年だけでもドラマー・シンガーとメンバーチェンジが頻繁に行われております。基本的にはライブでの活動が中心ですが、フルレングスに向けての制作に期待がかけられています。メランコリーでソリッドな演奏が特徴のProg Metalグループでありますから、今後の新作がどんなもにになるか、個人的に楽しみであります。

Tiles
Window Dressingに続くニューアルバムの制作に入っており、いくつかのマテリアルをいろいろと試している段階とのことであります。新作は、前作よりもキャッチ-で分かりやすいものにしたいという意向を持っています。

Temple Within (Mark Zonder/Fates Warning)
既にFates Warningを脱退しているMark Zonderは、自身のプロジェクトTemple Withinを始動しております。既にいくつか音源も完成させているとのことで、関係者によると好評を得ているとのことで、楽しみであります。

Toccata
まるでEL&Pの楽曲からインスピレーションを受けたような名前のバンドですが、シンフォ系リスナーやProg Metal系リスナーの両方にアピールするものがあるメキシコ出身のバンドとして、名前が急浮上しつつあるのではないでしょうか。既に昨年ごろにアルバムCircleをリリースしており、Prog Rockファンを中心に話題になっています。(緑川とうせいさんのページでもレヴューで紹介されていますので、興味のある方はぜひ緑川さんのページへGo!)
http://www.toccata.com.mx/

Twisted Into Form
前回もニュースで紹介したテクニカルProg MetalバンドのTwisted Into Formは、Sensoryと契約を交わしました。Spiral Architectに関わっているメンバーも含まれているということで北欧テクニカル・メタルのファンを中心に今後、盛り上がっていく事でありましょう。

Vanden Plas
新譜Christ 0の発売が少し延期になって4月ごろになってしまいましたが、公式サイトを久しぶりにお邪魔してみるとサウンド・ファイルが3曲ほどアップされていました。今後は少し増えていくのかも?。下のURLをチェックしてください。
ttp://www.vandenplas.de/soundsamples.html (h抜いております)

Venturia
フランスから突如として実力派の若手Prog Metalグループが登場しました。Venturiaは女性ボーカリストを擁しており、スタイル的にはLord of Mushroom、Circus Maximus、CrisesそしてDream Theaterなどに通じるキャッチーでテクニカル指向の音楽性を保持しております。Enter A New Kingdomなるアルバムを既に完成させております。既に海外の関係者から昨年後半に大変注目を集めた結果、マネージメントはIntromental Managmentが携り、Lion Musicから今年の前半ごろにリリースが確定しました。個人的にも非常に期待をしております。

Wastefall
ギリシャのモダンProg Metalバンド、WastefallはこのたびIntromental Managementと契約を交わし、マネージメントはIntromentalが管理することになりました。Soultrain 21に続く新譜は、やはり新しく契約を交わしたSensoryレーベルよりリリースが決定しております。早ければ、今年の末ごろにリリースされるかもしれません。また9月に行われるProgPower USAの参加も決定しました。

Xtreme Measures
アメリカにも女性メンバーで構成されたテクニカル指向の同名バンドがおりますが、こちらはオーストラリア出身のバンドに関するニュースです。昨年あたりから頭角を表してきたバンドですが、どうやらLiquid Tension ExperimentやRudess Morgenstein ProjectやConter World Experience辺りを好むテクニカル・インスト層のファンに楽しんでもらえそうな技巧派路線のグループだそうです。今後注目すべきProg Fusionバンドとのことであります。

Zero Hour
現在ニューアルバム「Specs of Pictures Burnt Beyond」制作の真っ最中とのことであります。このニューアルバムの制作中に、なんとリードボーカリストが交代しておりFred Marshallから、元Power of OmensのChris Salinasが加入しております。既にデモではありますが、Evidence of Unseenがある程度形となっておりますが、Chrisの声はZero Hourのフォーマットにフィットしているのではないかと思えるほどです。Chris Salinasの参加によって、彼らは今後ますます活動に磨きがかかる筈と明るい展望を強調しておりました。新作に期待です。

2005/07/12

A_Life [DivideD]
ドイツ出身の近未来Sci-Fi的サウンドを標榜しているProg MetalバンドのA Life Dividedは、現在アルバム制作の真っ只中にあるようです。また先月はベルリンで行われたライブにも参加と、忙しく活動を行っているようであります。Cydonianがお好きなリスナーには興味津々であります。
http://www.a-life-divided.de/

Alogia
セルビア出身のProgPower MetalバンドのAlogiaは、セカンドアルバムをリリース後も各方面のイベントやフェスティバルなどに参加して活動を続けています。まだ西側諸国やメタルが盛んな国では、知名度はあまり高くありませんが、コンスタントに活動を続けているようであります。

Anomaly (U.S.A.)/Jim Studnicki
アメリカのProg MetalバンドAnomalyに所属していたJim Studnickiのblogページを発見しました。近況や最近の出来事についてのコメントが主な内容となっております。最近は、Prog Metalサイドのミュージシャンblogも段々増えてきておりますね。Anomalyファンや興味のある方は記事を読んでみてはいかがでしょうか?。
http://www.jimstudnicki.com/

Artillery Hell
アメリカ出身のスラッシュ/デスよりのメタルバンドが静かに注目を集めています。なんとプロダクションには、あのZero HourのJasun TiptonやVinnie Moore/Tony MacAlpineの作品などをてがけたことでも知られているDino Aldenという豪華な首脳陣によるバックアップでいよいよデビューを果します。co-producerを務めるJasun Tiptonも、若手の彼らに期待をかけているようであります。www.myspace.com/artilleryhell

Automn Equinox
オランダの超絶技巧Prog Metalバンド、Automn Equinoxが欧州ファンを中心に注目を集めておりましたが、残念ながら彼らはバンド活動を停止しております。しかし、キーボーディストの人は音楽活動は継続して続けており、主に作曲を中心に様々な分野で活躍をしている様子であります。いいバンドだったので、いつかまた復活して欲しいバンドであります。
http://go.to/autumnequinox

Bodragaz
2003年に再録したアルバムをリリースしたアメリカのメロディアスProg Hard RockバンドのBodragazは、海外で活動をしているアメリカの軍関係のラジオステーションにプリリリースのシングルをラジオ用に配給し、オンエア作戦を展開しております。昨年・今年にかけて海外のメディアでも、少しづつ注目を集めております。割と産業ロックやAORのテイストが含まれたProg Rock/Metalを展開しており、EnchantやShotogun Symphonyなどを好むリスナーにも楽しめる内容という評価もちらほら受けているそうです。
http://www.bodragaz.com/index.html

Chaoswave
イタリア出身のバンドCHAOSWAVEが、プログレ系やメタル系のアルバムをリリースしているオランダのレーベルDVS RECORDSからアルバムを出す契約を交わしました。SINPHONIAのギターリストHenrik Rangstrupを中心に結成し、2人のボーカリストを擁するバンドになっています。サウンド的には、NEVERMOREやLACUNA COILの2つを融合したかのような音楽性ということです。既にリリースされている4曲入りのEP盤は、欧州で好評を得ているそうです。5月ごろまでライブギグを行った後で、再びスタジオに戻り正式なアルバムを11月頃にリリース予定です。

Counter-World Experience
ドイツの新進気鋭テクニカルハード・フュージョンバンドのCounter-World Experienceが、今年2枚目にあたるニューアルバムFraktalをリリースしました。トリオ編成のバンドですが、打ち込みやギターシンセも導入したモダンな要素を導入しております。サウンド的には、7for4, Planet X, Ohmタイプのバンドがお好みの方に楽しめる内容だそうであります。新人としてはかなり卓越した技術を持っているということで楽しみな存在であります。
http://www.counterworldexperience.de/

The Dust Connection
THE DUST CONECTIONは、まだ世界のシーンでは殆ど知られていないソフト路線のプログレメタルバンドですが、個人的には興味を持っているバンドなので紹介したいと思います。まだ正式なアルバムをリリースしておりませんが、既にProgPower Europeにも登場しプログレメタルファンからプログレのファンにもアプローチする音楽性だと思います。THE DUST CONNECTIONのデモ作品を聴く限りでは、いいものを持っていると思うので、今後の活動で飛躍的な成長を遂げて欲しいと期待しております。今回の旅でも、THE DUST CONNECTIONの中心人物であるMartijn Balsters君とも、色々話をさせてもらって好印象の青年で将来的なことも思慮深く考えている印象が残りました。どんな音楽か興味がある方は、最近アップデートされたサイトでビデオクリップのThe Grand Finalをダウンロードできます。http://www.thedustconnection.com/press_videos.php これからも彼らの動きに注目したいと思います(^^)
[THE DUST CONNECTION公式ページ: http://www.thedustconnection.com/ ]

Dynamic Lights
最近のプログレメタルシーンを見渡してみると、少しづつPAIN OF SALVATIONをリスペクトした音世界を持つバンドが増えてきているように思います。以前から噂に上っていたイタリアのProgMetalバンドDynamic Lightsの新作アルバム「Shape」が欧州方面でリリースされております。各プレスでのレヴューも大変高く評価しており、PAIN OF SALVATION, FATES WARNING, そしてWOLVERINEのタイプの音楽が好きならツボに嵌れるとの記事内容だそうです。実際僕もオランダやベルギー方面で流通しているメタル雑誌でのレヴューを見ましたが、確かに書いた記者からの反響は良かったです。今後アメリカでもプロモーション活動を展開して、アメリカでもDynamic Lightsのアルバムをリリースする予定が立てられております。Pain of SalvationやWolverineなどのスタイルが好きな人は要チェックでしょう。もちろん、僕もチェックしたいと思っております(^^)。
http://www.dynamiclights.net/

Elfonia
AyreonのThe Human Equationにも参加していたMarcela Bovioを擁するELFONIAの本体に興味が出てきたリスナーも少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。http://www.elfonia.com/ 少しライト感覚のprog metal的な感触を持っていることや、若干ゴシックでアトモスフェリックな要素も含んでいるとの識者の感想もあり、久しぶりの女性ボーカルをフューチャーした良質のバンドのような予感がします。

The Fractured Mind/Alex Arellano
元Power of Omensで活躍したハイパーテクニカル・ドラマーのAlex Arellanoは新天地The Fractured Mindに在籍しており、ニューアルバムの制作に邁進しております。またあらゆるセッション活動にも意欲を燃やしているとのことです。気になるThe Fractured Mindはテクニカルフュージョン・ハードフュージョンサウンドだということで、大変個人的には楽しみであります。

Images of Eden
アメリカは東海岸で活動中の新人Prog Metal/RockバンドのImages of Edenは現在アルバムを制作中であります。本来は5月ごろにリリース予定でありましたが、予定より遅れての完成になりそうです。
http://www.imagesofeden.com/

Indukti
Indktiの新譜Susarについて紹介したいと思います。Riversideの出現以来、ポーランドから新たな興味深いプログレ系バンドがアルバムをリリースします。しかもこのバンドRiversideのボーカリストをゲストに迎えて、変わったアプローチのProg Rock/Metalサウンドを作り上げています。内容的には興味深いことにKing CrimsonやFates Warningをブレンドしたかのようなサウンドらしい。殆どがボーカル無しの曲が並んでいるものの、いくつかのボーカル入りの曲ではRiversideのリードボーカリストが歌を提供している。1曲だけ非常にRiverside的な部分が濃いものあるとのこと。これまでのプログレや、プログレメタルサウンドとはまた違った変化球が見られるということで、変り種に興味がある人には注目していただきたい。気になるリリース日程は、夏ごろを予定しているそうです。

Ivanhoe
ドイツのProg Metalバンド、IvanhoeがPolarized以来数年ぶりに新譜をMassacre RecordsよりリリースしましたタイトルはWalk in the Mindfieldsです。メンバーがかなり交代しております。ボーカル: Mischa Mang、ギター: Achim Welsch、キーボード: Richard Seibel、ベース: Giovanni Soulas、ドラム: Sebastian Brauchleというラインナップで落ち着きました。サウンド的には、Ivanhoe裏プロジェクト的なCharismaに非常に近いということでメロディアスなハードロック・メタルにプラス彼ら独自のプログレメタルサウンドということで極上であることが窺えます。トラックリストは、以下のようになっています。
1.Walk In Mindfields
2.Bless My Soul
3.Scared
4.Arrows
5.History
6.Or Crime
7.Enemy
8.Take Me To The Spirit
9.What Love Is For
10.Who Will I Be
ドイツ方面以外では現在もまだ入手が多少難しいらしい。Massacreさん、配給網のほうを宜しくお願いしますよー。

Ivory Tower
ドイツのメロディアスProg Metalバンド、Ivory Towerは通産3枚目にあたるアルバムリリースに向けて活発に動きを見せております。サンプルを聴いた感じでは、以前よりもよりストレートで分かりやすい方向性になっている印象でした。アルバム全体がどうなっているのか分かりませんが、ひょっとしたらProg Metal的要素が減退しているのか?といったところが気になります。

Jeff In The Nite
ドイツの6人組Prog Rock/MetalバンドのJeff In The Niteは、5月頃にCDリリースパーティーを行い今後の活動に拍車をかけようと努力しております。いくつかのギグにも参加を予定しており、地道な音楽活動をコンスタントに続けております。
http://www.jeff-in-the-nite.de/

Last Crack
カルト的な人気を私も実際に体験することができた、アメリカのベテランProgressive MetalバンドLast Crackは、Headway Festivalだけでなくオランダのギグやアイスランドの公演などで成功を収めました。この勢いに乗って、なんと彼らは新作にとりかかるようであります。独特の世界観を導入したヘヴィロックが再び聴ける日もそう遠くないでしょう。

Liquid Horizon
既に3枚ほど作品をリリースしているドイツのProgPower MetalバンドのLiquid Horizonは、サマーブレイクで充電後に新曲作りに励んでいくとのこと。

Loch Vostok
昨年後半に1stのDark Logicをリリースしたスウェーデン出身の変り種プログレメタルバンドのLoch Vostokが、次のアルバムを制作しています。確かにかなりヘヴィーでデスメタルやブラックメタルなどの領域にも踏み込んでいる感じはありますが、でも聴きにくいというイメージから離れて興味深い音楽をやっているバンドだったりします。Into EternityやMayadomeが好きな人にはお薦めですよ。というのも、このバンドは元Mayadomeのメンバーを数名含んでおりますし、MayadomeのTeddy Mollerがかなり頑張っています。しかし、なぜかTeddyがドラムではなくてAlvaroがメインでドラムを叩いております。2ndアルバムでは、2曲ほど久しぶりにTeddyがドラムを披露しているということであります。

Mindfeed/Glynn Morgan (Threshold)
元Thresholdで活動をしていたGlynn Morganは、イギリス出身の新星メタルバンドThe New Blackに参加を表明しております。またこのバンドのデビューEP盤は、かのJudas PriestのベーシストIan Hill氏がプロデューサーを務めております。なお4曲入りのEPタイトルはSound of Loudと決定しております。

Moonlight Circus
前作を発表以来、活動状況が中々好転しないようだ。しかしイタリア出身のProgPower Metalバンドとしての活動を継続していく意思は大変固いので、今後なんらかの形で新作がリリースされる可能性は残されているとのこと。Black Jesterの意思を継ぐバンドなので、状況が好転することを期待していきましょう。
http://web.tiscali.it/moonlightcircus/

Natural Science
昨年リリースしたアルバムが好評なオランダ出身のProg Metalバンドが、欧州方面で注目を集めつつあります。昨年あたりから、注目を集めつつあるLone Wolf Musicからリリースしたアルバムの音楽性からは、Dream Theaterの初期や、Rush, Threshold辺りからの影響が感じられる演奏的にも興味深い内容でアピール度が高い様子です。
http://home.tiscali.nl/natural_science/index2_uk.htm

October Thorns/Chris Caffery Band, etc.  (Paul Laplaca)
ニューヨークを拠点に活動をしていた叙情派テクニカルProg MetalバンドのOctober Thornsが解散して、はや数年経ちました。元October Thornsの中で現在メタルシーンで目立った活動をしているのが、元中心人物の一人Paul Laplacaその人であります。残念ながらProg Metal的な音楽から少し距離を置いているものの、あのChris Cafferyのバンドなどで主に活動をしており、最近まで欧州でのツアーに同行していたとの情報が入ってきました。Paulからの情報によると、昨年はKiss/Poisonの前座としてZ02というバンドでも活動。またLMP Recordsに所属しているパワーメタルバンドZandelleのメンバーとしても新作に参加とかなり精力的に働いております。Paulが大活躍しているのは喜ばしいことであります。しかし、ということはOctober Thornsの復活は、まだまだ遠い先なんですね・・。

Pagan's Mind
ノルウェーを拠点に活動をしているPagan's Mindですが、現在欧州方面を中心に新譜も良いフィードバックを受けております。また新譜のリリースに伴いホームページも大幅なリニューアルを施しているようで、とても充実したレイアウトとナビゲーションがしやすくなっていると思います。日本でもいよいよ国内盤がリリースとのことであります(shunさん、情報ありがとうございました)。
http://www.pagansmind.com/

Pantommind
The Laser's Edge/Sensoryからデビューした、ブルガリア出身のProg MetalバンドPantommindは現在欧州方面でのプロモーション活動を展開中です。名門ProgPower Metalマネージメントである、デンマークを拠点に活動しているIntromental Managementが彼らをバックアップしています。既に今年の前半にリリースされたPantommindの1stアルバムはProg Metalファンに大好評を得ております。私個人も応援していきたいバンドです。
http://www.pantommind.com/

Parallel Mind
アメリカ出身の実力派Prog Rock/Hard FusionトリオのParallel Mindの新譜が遂にリリースされました。テクニカルフュージョン系統を好むリスナー層からも注目を集めています。海外の各プログレ系メディアからのレヴューでも高く評価しており、Planet XやU.K., Liquid Tension Experimentなどを引き合いに出しており、かなりの有望株であることを窺い知ることができます。メンバーには、あのKopeckyのベーシストも含んでおり、今後の活動に期待です。
http://www.parallelmind.com/

Revelation Project
クリスチャンバンドとしては珍しいProg RockバンドのRevelation Projectは、アルバム制作やコンサートを中心とした活動を展開中のようであります。意外なことに他にもChristianの信仰をもったプログレッシヴ・ロック系のバンドがそれぞれ頑張っているようで、Christian Progressive Rock vol.2というコンピレーションにも参加しております。他にもDavid Bainbridge, Orphan Project, Simon Apple, Neal Morse, David Wallimann, Soulful Terrain, Glass Hammer, Young Earth, Eric Parker, Scott RiceやBill Hubauerなどと言ったアーティスト達が収録されており、なんとプログレ界隈で有名なバンド4つ、5つと発見。Neal MorseやGlass Hammer, Orphan Projectなどに触発されたChritisn Progバンドが増えていることは興味深い現象であります。
http://www.revelationproject.com/
http://www.cprogrock.com/

Power of Omens/Dave Gallegos
今年の1月にDave Gallegosは自身のファーストアルバムをリリースしました。どうやら東南アジア方面でも彼のアルバムは入手可能だということです。また気になるPower of Omensの近況でありますが、新譜は前作のようなハイパー超絶テクニカルProg Metal指向のものとはかなり異なりスタンダードな作品に落ち着くであろうという観測がなされております。

Scenery Channel
フィンランド出身のProg MetalバンドScenery Channelが、少しづつ注目を集めつつあるようです。2000年〜2004年の間に数枚ほどアルバムも制作しており、各方面からのフィードバックもあり、コンスタントに活動を続けている若手グループであります。
http://www.scenerychannel.com/

Shadow Gallery
既に多くの方は御存知だと思いますが、Shadow Galleryの新譜Room Vが欧州・アメリカ方面で、いよいよ発売になりました。
○欧州盤は、5月30日
○アメリカ盤は、6月7日
にそれぞれリリース予定されております。新着トレーラーが、公式ウェブサイトで公開されております。QuickTimeが入っていないと、動画見れないので気をつけてください。またアメリカでのリリースに伴い、盛大なリリースパーティーが彼らの地元で行われており、さながらコンサートのようにかなり多くのお客さんが入ったり、サイン大会、そしてフリーのビールや食事なども用意されておりかなり参加した方たちから好評だったそうです。またShadow Galleryのメンバー全員が集い、日頃ライブ出演を期待していたファンの方たちとの楽しい邂逅の時を過ごしたようです。

Sieges Even
【SIEGES EVEN遂に、InsideOutと契約!】
今年は本当に凄いリリースが続々登場しているProg Metalシーンでありますが、遂に極めつけが登場します。ドイツの重鎮Prog Metalバンド、SIEGES EVENがInsideOutとワールドワイド契約を果たしました(驚愕)。心から待ち焦がれていた、新譜「The Art Of Navigating By The Stars」のレコーディングも無事終了、そして9月にInsideOutからリリース予定となっております(感激)。いやー今年のニュースの中でも個人的にはメガ級の衝撃が走りました。既にHeadway FestivalでもThe Lonely Views of Condorsをプレーしていますが、この新譜の内容が非常に充実している可能性が非常に高いということが、あの曲からも予想できる感じです。本当に嬉しい驚きです、これを機にSIEGES EVENの魅力を多くのProg Metalリスナーにも知っていただきたいと願っております。うーん、ライブアルバムのリリースも楽しみであります。
なお、気になるSIEGES EVENの新譜のトラックリストです。
Sequence I: The Weight
Sequence II: The Lonely Views of Condors
Sequence III: Unbreakable
Sequence IV: Stigmata
Sequence V: Blue Wide Open
Sequence VI: To The Ones Who Have Failed
Sequence VII: Lighthouse
Sequence VIII: Styx
詳しくは、SIEGES EVENオフィシャルページをご覧下さい。
http://www.siegeseven.com/

Spectre
サイ・ファイ映画からインスパイアされた、ちょっと異色のメロディアスでライト感覚のProg Rockバンド、Spectreは現在2曲入りプロモCDを各メディアに配給しながら、今後の動きを伺っているようです。楽曲によってはEnchant, Spock's Beard, Threshold, Cairo, Soundscapeを思わせる部分もありながら、Dream Theater的なタッチも入れているとのこと。オランダのSplinterにも近い印象を受ける人もいらっしゃるかもしれません。今後このバンドがシーンに登場してくるのも、時間の問題なのかもしれません。個人的にはチェックしたい新人バンドの一つです。
http://www.spectreusa.com/

Symmetry
ギターオリエンテッドな超絶テクニカルProg MetalバンドのSymmetryは、現在もう一人の正式ギターリストを募集しております。昨年リリースされた新譜のA Soul's Roadmapは各方面のメタル誌やメディアからも賞賛を受けております。またLiveレポートでもお伝えしたように、Headway FestivalではSun CagedのMarcel Coenenを擁し、ド迫力のパフォーマンスで聴衆を魅了しました。

Treasure Land
皆さんは北欧出身のネオクラシカルProgPower Metalバンドを憶えていらっしゃるだろうか?。セカンドアルバムをリリースして、しばらく動向がつかめていなかったTreasure Landだが、現在なんと3rdアルバムの制作をしているとのことだ。詳しくは下のサイトなどをご覧下さい。
http://www.rickaltzi.com/about.htm

Twisted Into Form
新進気鋭のテクニカルメタルバンドのTwisted Into Formは現在新譜制作を継続しております。アルバムタイトルはTorrentsと決定しております。

XsavioR
遂に国内でもアルバムがリリースされたXsavioRですが、現在ウェブサイトも色々と充実した情報やメディアセクションなどに力を入れているようであります。ファイルなど興味深いものを、どんどんとアップロードさせたいとのことでサイトの方にも足を運んでいただきたいとのことなので、XsavioRファンはチェックしてみてください。
http://www.xsavior.com/

Zero Hour
新譜A Fragile Mindのリリースが期待されている超絶技巧を誇るZero Hourですが、現在はプロモーション戦略などを含めていろいろな調整をしている最中とのことであります。既に完成しているデモ作品は関係者を驚かせており、本当にリリースが待ち遠しい一枚であります。またTroyとJasunの両人はこのたび、Manne Guitarとのエンドースが決定しております(詳しくは次のURLをチェックしてくださいね→http://www.ultimatemetal.com/forum/showthread.php?p=3911287#post3911287)。余談ですが、ライブではIbanezギターをJasunは使用していたと思います。

2005/01/20

Altered Aeon
アグレッシヴ且つ知的なテクニカルタイプのスラッシュ・パワーファンに注目のバンドです。北欧出身でTheory In PracticeやAzotic Reignのメンバーなどを含むAltered Aeonは、Dispiritismを完成させています。音楽性は、Forbidden, Nevermore, Prototypeにも通じる品質の高さと荒々しさを持っているそうです。オールドスクールのThrash Metalの伝統と、現代的な緻密さを持っておりベイエリア・スラッシュ・パワーメタルの熱心なファン達にも注目を集めつつあるようです。ボーカルもクリーンな声を特色としており、プロダクションもしっかりしているとのことで将来に期待をしたい。

Andromeda
スウェーデンの技巧派Prog MetalバンドAndromedaは、II=Iに続くレコーディングをほぼ終えつつあるようです。次のアルバムをリリースするため、何ヶ所かのレーベルやレコード会社と交渉中とのことです。

Bad Dog U
シカゴを中心に活動を繰り広げているテクニカル系ハード・フュージョンバンドが、昨年デビューを果しました。名前は奇妙かもしれませんが、ミュージシャンシップが非常に高くインストファンの間で注目を集めております。

Civil Defiance
90年代に熱心なProg Metalファン達の間で、話題になった変り種のバンドなので憶えている方もいらっしゃるかもしれません。現在では、どうやらこの名義での活動は行っていない様子。Civil Defianceのその後だが、メンバーであったGerry Nestlerはライブ・ベーシストのJuan Perezと共にShrine of Coilを結成し、なんとこのバンドにはSlayerで有名なDave Lombadoも一時期在籍。その後、Philmと改名し、デモを制作。しかし、その後Daveが脱退し、新しいドラマーが加入。再度レコーディングと新曲の制作にとりかかり、最終的にはKkleq Muzzilという名義でアルバムをパンクレーベルのCriterion Recordsからリリースしました。しかし、結局エクストリーム系の音楽を行っていたKkleq Muzzilも分裂状態になります。Gerryは、Civil DefianceのオリジナルメンバーでありドラマーだったGabe Trevizoとトリオ編成のSuperriderを結成し、7曲入りの自主制作盤「Everything So Right」をリリース。Superriderは、Civil DefianceやKkleq Muzzilと異なりヘヴィーオルタナ・パンク的なスタイルだという。といった具合にCivil Defianceのメンバーの何人かは、それぞれ独自の音楽を現在も続けているとのことであります。

Enditol
テクニカルメタルバンドのEnditolが、海外で注目を集めつつあります。音楽性は、Spastic Ink, Watchtower, Athiest, Cynicなどのファンを唸らせる、大変インセインで極端なスタイルだとか。興味がある方は、サイトへ。www.enditol.net

Daniel Flores (Mind's Eye/Xsaviorなど)
Mind's Eyeの中心人物でもあり、北欧方面で音楽プロデューサー・エンジニアとしても多彩な才能を発揮しているDaniel Floresから、彼が関わっているバンドの制作面からの近況報告が入ってまいりました。
Fates Warning
アメリカの大御所Prog MetalバンドFates Warningは、2月よりFWXをサポートする欧州ツアーを予定しております。公演地として、ハンガリー、ブルガリア、ギリシャ、そしてトルコの方面も精力的に周るスケジュールが組まれています。どうやら噂では4月ごろにオランダでのライブも予定しているそうです。

Frameshift
ChainのメンバーHenning PaulyによるFrameshiftの1stアルバムが、Prog Rock/Metal方面から好評だったのは記憶に新しいところですが、2ndアルバムに関するニュースが入ってきました。前回とは打って変わり、ヴァイオレンスに関連したテーマが貫かれた作風になっており、ゲストミュージシャンとしてSkid Rowでお馴染みのシンガーSebastian Backが参加するという異色の組み合わせになりそうです。

Frantic Bleep
Elitist Recordsに所属するFrantic Bleepが海外で注目を集めつつあります。スタイル的には、エクスペリメンタルな実験的、且つテクニカルな要素を含むメタルバンドで、一聴するだけでは把握することのできない深みがあるとのことです。エクスペリメンタルでエクストリームなメタルが好きなリスナーには反響がよいようです。

Joop Wolters (Arabesque)
オランダの個性的なProg Metalバンド、Arabesqueのテクニカル・ギタープレーヤーJoop Woltersは、2枚目のソロアルバムSpeed, Traffic and Guitar AccidentsをLion Musicよりリリースし、ギターフリークやProg Metalファン達の間でも注目を集めています。参加メンバーとしてJordan Rudessのコンテストにも優勝した経験を持つキーボードプレーヤーのAlex Argento, ShadraneのVivien Lalu, Mind's EyeのDaniel Floresなどが含まれていて、、非常に今後伸びていく可能性のある実力派若手メンバー達で形成されております。実際にギターインストからロングフォームのテクニカルなProg Metalファンまで含めて楽しめるバラエティに富んだ作品として非常に素晴らしいものを作っていると思いました。特にギターフリークにお薦めです。

HB Anderson (Scudiero)
ScudieroのシンガーHB Andersonは、現在は他のバンドでの活動に邁進しているようであります。HBが関わっていたTokenのデビューアルバムTomorrowlandは、欧州方面のロックファン達の間で好評だったそうです。現在は、2枚目のPunchをリリースしたTokenとの活動からは離れたそうです。現在までのところ、HBはScudiero, Fatal Smile, Tokenと渡り歩いておりますが、気になる本体のScudieroはどうなっているのでしょう(噂では、また活動を再開するとの話も出ているようですから、分かり次第またニュース覧でも報告できればと考えております)。

Heaven's Cry
メンバーのPierre St-Jeanによると、現在ニューアルバムの制作に入っております。方向性は、前作よりはもっと分かりやすい作風にしたいとのことです。リリース日程は、まだ未定となっております。また前年にモントリオールで行われたNightwishのコンサートでは、Heaven's Cryが前座を務めました。またPierreは、AlcoholicaというMetallicaのトリビュートバンドで、クリスマスにライブを行って盛り上がったそうです。

Helmet of Gnats
ここ近年ハードフュージョンとプログレの融合を試みるバンドが増えておりますが、Helmet of Gnatsもその成功組の一つといえるかもしれません。Elektric Band, Bruford, Brand X, Dregs、そしてUKなどからの影響を感じさせる実力派としてアメリカを中心にインストファンの間で昨年から注目を集めています。現在海外では、アルバムIIがリリースされております。

Khali
Lucretia Recordsサイトからのニュースによると、デビューアルバムが欧州方面で再リリースされるとのことです。また待望のニューアルバムも完成しており、2月にリリースが予定されております。現在メンバーのラインナップは、ギタープレーヤーにGianluca Ferro (Time Machine, Arkhe, Doomsword), ボーカリストとしてOmar Zoncada (Darkfire), キーボーディストはAlex Del Vecchio (Edge Of Forever) そしてTime MachineのベテランミュージシャンLorenzo Dehoがベースを担当という布陣を形成しています。内容は現代的な解釈を含めたコンプレックスなプレーや、メロディアスで技巧性を強く要求される正統的Prog Metalサウンドになっているとのことでリリースが楽しみな1枚です。

Lanfear
ドイツのProgressive Powerメタラー、Lanfearはニューアルバムを2月、ないし3月にリリースを予定しております。欧州方面だけでなく、アメリカ圏内のリリースも視野に含めております。

Loch Vostok
ついに待望のアルバムを昨年リリースした、北欧出身のエクストリーム系テクニカルProg MetalバンドのLoch Vostokにメンバーチェンジが発生しました。前任者のZebが脱退し、後任者としてPlatitudeでキーボードを演奏しているAndreas Lindahlが加入しました。

Magnitude 9
早くも現在4枚目の制作に入っております。それと同時に現在、Magnitude 9のギターリストRob Johnsonは、第1段のギターインストラクショナルものに続き、第2段のギター教則DVD「Over The Top Shred Guitar」の制作も進めております。

Manticora
アルバムのリリース毎に著しい成長を遂げつつある、デンマーク出身の正統派Melodic Power MetalバンドManticoraは、Edenbridgeと共に、メインアクトAngraの2005年欧州ツアーのサポートバンドに起用されました。本格的なツアーは2月から開始とのこと。Angraと共にイタリア、フランス、スイス、ベルギーなどを中心に精力的に周って行くそうであります。
Pantomind
ブルガリア出身の新人Prog Metalバンドが、このたびSensoryよりニューアルバムShade of Fateを3月の上旬にリリースすることが決定しております。早くもProg Metalマニア達の間では、評判が上々のようで大変楽しみな存在であります。
ProgPower Europe 2004
Prog Metalファン達の間では注目されているProg Powerフェスティバルも通産6年目を迎えました。今回は、The Dust Connection, All Too Human, Platitude, Adagio, Alchemist, Devin Townsendなどが第一日目に出演。Into Eternity, Novact, Tomorrow's Eve, In-Tension, Riverside, Katatonia, そしてThe Gatheringなどが第2日目に出演いたしました。オランダでのProgPower Europeの開催は、今年で最後と噂されていたようですが、今年も予定しているとのことでアメリカのProgPowerともども2005年もProgMetalの祭典に期待していきましょう。
Redemption
Nick van Dykを中心にしたProg MetalプロジェクトRedemptionは、1stに続くニューアルバムを完成させました。今回は、co-producerとして、Conception, Ark, Helloween, UFOなどでの仕事で知られているTommy Newtonが制作面でバックアップしております。プロダクション、楽曲なども含めて前作と比べて著しい進歩が見られるとのことであります。アートワークは、前回同様でTravis Smithがてがけております。まだはっきりとしたリリース日程は、決まっていませんがおそらく2005年の半ばごろになりそうです。
Satyricon/Spiral Architect
ブラックメタル・デスメタル関連を扱うサイトからの情報によると、ノルウェーのブラックメタルバンドSatyriconのギターリスト2名が、ツアー途中のカナダのトロントで逮捕されていることが、このほど判明いたしました。事件は12月下旬にTorontoのFun Hausで行われたSatyriconのショーを見に来ていたと思われる女性が、メンバーである2人のギターリスト達にツアーバス内で暴行を受けたという通報があったためだ。その拘留されている2名は、SatyriconのA.O. GronbechとSpiral Architectでも活躍しているSteinar Gundersenとのことで、ブラックメタルとプログレメタルの関連者を困惑させている。ノルウェー大使館は、この事件の知らせを受け現在カナダの公務員らと共に事実の解明などを急いでいる。もし罪に問われてしまうことになるようであれば、10年間刑務所に入れられてしまうことになりそうだ。しかし、音楽業界に詳しい識者によると、Steinarがこんな事件を起こすような人物ではないと驚きを隠せない様子だ。Spiral Architectのニューアルバムが陽の目を見るのは、さらに遠くなってしまったかもしれない。
Scattered Ink
まるでQueensrycheとEvanescenceを彷彿させる音楽性を持つバンドが、活動をしているとのことです。ボーカルが非常によい特徴をもっており、楽曲も素晴らしいとの前評判が出ているそうです。www.scatteredink.com
Splinter
オランダ出身のProg Metalバンド、Splinterがアルバムを完成させました。Neo-Prog系統からの影響も強く見られるなど、他のProg Metalバンドやシンフォ性のあるNeo-Progバンドの狭間にあるようなサウンドが、新鮮と言えるとのことです。

Sun Caged
昨年続けて脱退したシンガーのAndreとキーボーディストのJoostの後任者として、2名新メンバーが加わりました。Keyboardistは、PingelというRene Kloonで技巧的にもサウンド的にも、Joostに引けを取らない実力者のようです。最後まで難航していた後任シンガーは、Paul Adrian Villarrealという人物でシンガーとしての力量に申し分はなくバンド入りが決定しました。セカンドアルバムに向けての制作も順調に進んでいるようであります。リリースの日程などが分かり次第お伝えしたいと思います。

Superior
昨年はライブアルバムUltima-Liveをリリースし、新作New World Orderに向けてレコーディングや制作も順調に進んでいるようです。予定では2005年の夏ごろにニューアルバムをリリースしたいとのことです。

Zero Hour/Jasun Tipton/Death Machine
まずは、Zero Hourに関するニュースです。昨年個人的な理由から脱退したErik Rosvoldの後任者として、Fred Marshallが加入しました。Fredは大変意欲的にレコーディングに取り組んでおり、Zero Hourの最新作De-Evolutionの完成に期待が寄せられております。現在のところは、アルバムのミキシングやマスタリングなどの作業に入っているとのことです。非常に楽しみでなりません。・・・Zero Hourの超絶技巧ギターリスト、Jasun Tiptonは1stソロアルバムに続くニューアルバム「Seduction」をこのたび完成させ自主盤として1000枚限定でリリースをしております。音楽性は、どちらかというとテクニカルなZero Hour的サウンドというよりも、リラックスしたムードの音楽から、テンションの高いインストを含めてバラエティに富んだ内容になっております。日本からオーダーする場合は、PayPalを通して支払いができます。アドレスは、jtslounge@yahoo.comです。送料を含めてCDは$16になります。もしPayPalやクレジットカードを通しての支払いに抵抗感があるかたは、直接Jasunに連絡をしてください(アドレスは、 同じくjtslounge@yahoo.com)。Jasunがメールでどこに送って欲しいかそして送金方法についてなどの確認メールを送信してくる筈です(とても素晴らしい人なので、質問や確認など遠慮しなくても大丈夫です。丁寧に受け答えをしてくれます)。あるいは、最近The Laser's Edgeでも販売しておりますのでそちらでもお買い求めができますが、入荷の数に限りがあると思いますので、お気をつけて。・・・Death Machineとしても活発に活動をしているZero Hourのメンバーですが、新しいシンガーとしてTipton兄弟の姉妹が参加し、さらに幅広い表現がニューアルバムでも期待できると思います。

[News Archives: vol.1vol2]
Back to [Top Page]